ザ・シークレットマン

権力には屈しない。敵が大統領であったとしても…

「ウォーターゲート事件」の全容と事件を内部告発したFBI副長官の姿を、リーアム・ニーソン主演で実話をもとに映画化したサスペンスドラマ。アメリカ合衆国史上初めて任期半ばで辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン大統領。その引き金となったウォーターゲート事件の捜査の指揮にあたったFBI副長官マーク・フェルトは、なかなか進展しない捜査の裏にホワイトハウスが捜査妨害をしていることを察知し、事件自体がホワイトハウスの陰謀によるものであることを悟る。一方で大統領に忠実なL・パトリック・グレイFBI長官がいるため捜査協力が期待できないとも感じていた。そんな中、フェルトは事件の真相を明るみにするため、大胆な決断をする。

原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年2月24日 / タイム:103分 / プロダクション:Mandalay / 配給:クロックワークス

2/24(土)公開『ザ・シークレットマン』ショート予告

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ザ・シークレットマン』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
実在の人物を描いた作品は完全フィクションモノとは異なる独特の緊張感とリアリティがあって面白いものです。そんなサスペンスフルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、どれもそこまで難しくありません。基本は動画サイトと同じ。見たい作品を選び、再生して、観終わったら次の作品を探す。それだけの何も考えなくていい自由なスタイルで映画を毎日見ることができます。

「無料」より安いものなし!
しかも、ビギナーにもラッキーです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

使うべきはどれ?
GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「ザ・シークレットマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フリムビ2にはそんなリンクは皆無です。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

登録情報は最小限
登録は素早く、簡潔に。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「ザ・シークレットマン」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「誕生日」「辞書に載っている単語」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「ザ・シークレットマン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『ザ・シークレットマン』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ザ・シークレットマン』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ピーター・ランデズマン(関連作品:『コンカッション』)
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:アダム・キンメル
音楽:ダニエル・ペンバートン

★俳優(キャラクター)
リーアム・ニーソン(マーク・フェルト)、ダイアン・レイン(オードリー・フェルト)、マートン・ソーカス(L・パトリック・グレイ)、アイク・バリンホルツ(アンジェロ・ラノ)、トニー・ゴールドウィン(エド・ミラー)、ブルース・グリーンウッド(サンディ・スミス)、マイケル・C・ホール(ジョン・ディーン)、ブライアン・ダーシー・ジョーンズ(ロバート・クンケル)、ジョシュ・ルーカス(チャーリー・ベイツ)、エディ・マーサン(政府機関の男)、ウェンディ・マクレンドン=コービ(キャロル・ツシューディ)、マイカ・モンロー(ジョアン・フェルト)、トム・サイズモア(ビル・サリバン)、ジュリアン・モリス(ボブ・ウッドワード)、ケイト・ウォルシュ(パット・ミラー)、ノア・ワイリー(スタン・ポッティンガー)

★『ザ・シークレットマン』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.4 35% 49
映画.com Yahoo! Fm
3.4 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『ザ・シークレットマン』の反応

●無料ホームシアター
ウォーターゲート事件において、強力な情報を晒し、勇敢にも内部告発をおこなった「ディープスロート」なるFBI副長官マークフェルトにスポットを当てて、彼の視点から描いた作品です。彼の高潔な姿勢とFBIは何ものにも侵されるべきではないという三権分立の基本理念が観客の脳裏に刻まれます。偶然なのか、狙ったのかは不明ですが、トランプ大統領をめぐるロシア疑惑と完全にシンクロを見せているのが、この映画の鋭さをより際立たせるのです。
●Mコメンテーター 
過去の事件を扱った映画ですが、現代にも通じる批判もあり。現代のトランプ政権を彷彿とさせる演出で、ラストにニクソンに「アメリカ、ファースト」という退陣演説で締めるあたりが、皮肉な意図を示す警鐘なのでしょう。FBIと大統領の対立は今に始まったことじゃないのですね。犬猿の仲です。そういう歴史もわかるので、勉強にも最適。それにしてもリーアム・ニーソンがめちゃくちゃカッコいいです。アクションしていない彼も本当に渋い。
●OPENLOAD 
観てください。この男前。リーアム・ニーソンと言えば、つい最近まで「96時間」シリーズで無敵の殺人マシーン役が大ヒットしていたわけですが、本作では特殊メイクもして実年齢以上の老け役。でも魅力は落ちていません。お話の方ですが、アメリカ史上最大の政治事件を描いた本作は、現在進行中のアメリカともリンクして、まさに「今、観ずしていつみる」な映画です。ぜひ往年の名作「大統領の陰謀」もあわせてみてほしいと思います。