犬猿(2018)

窪田正孝主演、愛憎が溢れ出す人間ドラマ

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔が4年ぶりにオリジナル脚本でメガホンをとり、見た目も性格も正反対な兄弟と姉妹を主人公に描いた人間ドラマ。印刷会社の営業マンとして働く真面目な青年・金山和成は、乱暴ゆえにトラブルを連発する兄・卓司の存在を恐れていた。そんな和成に密かに想いを寄せる幾野由利亜は、容姿は悪いが仕事をこなす能力は優秀で、家業の印刷工場をテキパキと切り盛りしている。一方、由利亜の妹・真子は美人だが要領が悪く、印刷工場を手伝いながら芸能活動に励んでいる。そんな相性の悪い2組の兄弟姉妹が、それまで互いに対して抱えてきた複雑な感情をついに爆発させてしまい…。

原題:犬猿 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年2月10日 / タイム:103分 / プロダクション: / 配給:東京テアトル

映画『犬猿』予告編

(C)2018「犬猿」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『犬猿』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の本能がむき出しになり相手とぶつかっていく人間模様を描いた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのがオススメ。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもラクチン。スマホ、パソコン、タブレット、テレビ、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更でき、どんな生活の人でもスケジュールや場所に合わせやすい便利さです。

「無料」ですよ!タダ!
利用料は親切設計。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

これは危険!
違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

これに決めた!
それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「犬猿」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「犬猿」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「犬猿」合法視聴方法を拡散しましょう。

『犬猿』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『犬猿』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:吉田恵輔(関連作品:『ヒメアノ~ル』)
脚本:吉田恵輔
撮影:志田貴之
音楽:めいなCo.

★俳優(キャラクター)
窪田正孝(金山和成)、新井浩文(金山卓司)、江上敬子(幾野由利亜)、筧美和子(幾野真子)、阿部亮平、木村和貴、後藤剛範、土屋美穂子、健太郎、竹内愛紗、小林勝也、角替和枝

★コメント
・窪田正孝「静かなトーンで描かれる、日常の感覚がリアルなんです。そんな吉田さんワールドがすごく好きで。今回監督の求める“芝居しない芝居”にどっぷり浸かってみて、いろんなタイプの作品に出演するうちに忘れがちになっていたリアルな芝居に引き戻してもらった感覚があります。また監督の作品に出させてもらいたいんですけど…またいつか使ってもらえるよう頑張ります」

★『犬猿』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.8 4.31 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『犬猿』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター
映画を見る前と見た後では印象が全く変わってくる作品でした。そういう映画だったのかという感じ。結局は、血の繋がり。何でも言えるし、喜びも、嫉妬も紙一重。共感性というか、重ねる部分も多いからこそ、対立した時は他人よりも激しくなる。確かに考えると、兄弟姉妹は仲が凄く良い場合と凄く悪い場合で両極端だったりするなと思ったり。この映画では晒け出した分だけ四人全員が人間的に愛おしくも感じるのです。まるで血縁が生まれたように。
●Cレポーター
人間分析が毎度鋭い吉田恵輔監督。この監督節だからこそ描けた「兄弟」の世界観に笑いが止まらなかった。冒頭の映画広告への皮肉からすでに。4人の登場人物それぞれの役割をしっかり描いているし、役者もそれを見事に演じている。新井浩文はヤクザ稼業から手を洗えない兄を。窪田正孝は兄に抵抗できない弱気な弟を。ニッチェの江上敬子は恋に臆病な姉を。筧美和子は女優を目指す弱みを持つ妹を。それぞれの関係性の上下のグルグル感が面白い。
●Sアナリスト
日本映画の娯楽作には、痛烈な毒が足りない。そんな意見を真っ向から覆す、爽快な一作。これを観ずして邦画を語れない。日常に潜む毒をエンタメに昇華できる田恵輔監督の腕がこの名作を生み出す。「さんかく」でも「ヒメアノ~ル」でも、毒気がありながらある種とても純粋に真っ当じゃない人々を素直に悪気なく描いていて、何故だか泣けた。この映画でもそこは同じ。なぜ犬と猿が争うのか、そんな理由はどうでもいい。そういう本能なのだから。