マンハント(2018)

マンハント

ジョン・ウー監督と福山雅治がタッグを組む!

名匠ジョン・ウーが、チャン・ハンユーと福山雅治をダブル主演に迎え、日本でオールロケを敢行し、1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化したサスペンスアクション。製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。現場の状況証拠からはドゥ・チウが犯人であることが濃厚で、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村は、ドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱くように。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する。

原題:追捕 Manhunt / 製作:中国(2018年) / 日本公開日:2018年2月9日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:ジョン・ウー(関連作品:『レイン・オブ・アサシン』)
撮影:石坂拓郎
音楽:岩代太郎

★【キャスト(キャラクター)】
チャン・ハンユー(ドゥ・チウ)、福山雅治(矢村聡)、チー・ウェイ(遠波真由美)、ハ・ジウォン(レイン)、國村隼(酒井義廣)、竹中直人(伊藤)、倉田保昭(坂口秀夫)、斎藤工(犯人A)、アンジェルス・ウー(ドーン)、桜庭ななみ(百田里香)、池内博之(酒井宏)、TAO(田中希子)、トクナガクニハル(浅野雄二)、矢島健一(堂塔)、田中圭(北川正樹)、ジョーナカムラ(青木)、吉沢悠(犯人B)

【無料動画】

映画『マンハント』本予告 2月9日(金)全国公開

(C)2017 Media Asia Film International Ltd. All rights Reserved


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.5/1053%69
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.7/5.0???/5.003.1/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【インタビュー】
ジョン・ウー監督「高倉さんが亡くなられたことが悲しく、残念でした。高倉さんを記念する映画を撮れたらと思っていたところに、香港の映画会社であるメディア・アジアから『マンハント』を撮らないかというオファーをもらったんです」
福山雅治「プレッシャーはとてもありました。チャンさんは弁護士役で僕が刑事役なので、戦いのプロとしての役割は僕が担わなければならない。これはますます大変だなと(笑)」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年2月11日) 
とりあえずジョン・ウー監督には日本でこれだけのアクションを作ってくれてありがとうと感謝の言葉を述べたい。海外の巨匠と呼ばれる人間が日本を好きでいてくれる、それだけでなく日本を舞台に映画を製作するなんて、非常に贅沢な体験です。本当はもっと増えてほしいのですが、日本は必ずしも映画の撮りやすい環境ではないので難しいのが残念。こういう作品の存在をきっかけに日本を海外の人に映画を撮影してもらう良い環境にしようと動けばなぁ。
BILIBILI (2018年2月12日) 
ストーリーはむちゃくちゃすぎて途中からもう考えるのはいいかなと思考を放棄するのですが、それがジョン・ウー作品の正しい楽しみ方。ツッコミは厳禁だ、考えるな感じるんだ、これが基本。白いハト、スローモーション、二丁拳銃、体を滑らしての乱射。よくもまあ、このお約束を毎回作品にねじ込んでくるものである。大阪を中心に日本でのオールロケを敢行しているので、知った場所が映るのはなんとも変な気分。ジョン・ウー世界線との邂逅でした。
STREAMANGO (2018年2月13日) 
オープニングのミスリードからの異常なキレが最高。ストーリーのダメさをジョン・ウー成分で大胆に補強しているので、別次元の楽しさがあります。映画を考察して楽しむタイプの人にとっては地獄。映画をノリで感じる人にとっては天国。ベタベタのハードボイルドで塗り固めた福山雅治の、福山雅治でしかない演技は普通はアウトなのだけど、この作品なら許せるという不思議。日本舞台の映画でこんだけ派手に人が死ぬ作品は他にないです。必見!