悟空伝(2017)

今度の孫悟空は破天荒なダークヒーロー

『西遊記 はじまりのはじまり』の共同監督だったデレク・クォックが、中国で話題となったオリジナルを大胆にアレンジしたネット小説を原作に孫悟空がダークヒーローとなって活躍するさまを描いたアクションファンタジー。女神・上聖天尊がすべてを統治していた時代。生まれ故郷である花果山を滅ぼした上聖天尊に恨みを抱いていた悟空は、復讐を果たすために感情のおもむくままに彼女の住む天宮に向かう。万物の宿命をつかさどる天機儀を破壊し、天界を潰そうとする悟空の前に武神や護衛神たちが立ちはだかり、天地境界の橋の上で激しいバトルが展開する。

原題:悟空傳 Wu Kong / 製作:中国(2017年) / 日本公開日:2018年2月10日 / タイム:123分 / プロダクション: / 配給:ツイン

孫悟空の激闘に注目!映画『-悟空伝-』予告編

(C)2017 New Classics Media Corporation. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『悟空伝』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
とんでもない独創性で繰り広げられるダイナミックダークジャンルな映画はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという興味深いデータもあり、予想外に普及が進んでいます。その勢いは今後も伸びていくことが確実視されており、まだ使っていない人も見逃せない新時代の基本になってきました。

「無料」ですよ!タダ!
利用料は親切設計。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは危ない要素だらけです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

これに決めた!
それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「悟空伝」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フリムビ2にはそんなリンクは皆無です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「悟空伝」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードを持っていないから無理だと判断するのは早計。焦らず他の手段を検討しましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくイライラさせるだけの不愉快極まりない経験を与える最低なものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「悟空伝」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『悟空伝』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『悟空伝』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:デレク・クォック
脚本:デレク・クォック

★俳優(キャラクター)
エディ・ポン(孫悟空)、ニー・ニー(阿紫)、ショーン・ユー(灌口二郎/楊セン)、オウ・ハオ(天蓬)、ジェン・シュアン(阿月)、フェイ・ユー(上聖天尊)

★『悟空伝』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.7 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.1 ??? 3.3
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『悟空伝』の反応

●無料ホームシアター 
エディ・ポンが孫悟空ということで気になって鑑賞。そういう俳優ありきでの人は一定数は日本にもいるものの、日本で孫悟空はあまりピンとこないネタでしょう。邦画でもありましたが。一方で、中国では当たり前のように本場ですからもの凄い人気らしいですね。それで今回はエディ・ポン版孫悟空ということでこの調子であらゆる俳優で孫悟空が作られてしまうのではないかと心配になるくらいです。いろいろなバージョンがあるのは楽しみですけど。
●Sアナリスト
中国でヒットした超大作であり、興収は軽く100億円以上です。中国は映画市場が日本と比べ物にならないぐらいでかすぎて、この100億円も凄いのかたいしたことないのかわからないから困ります。それだけ市場がでかければ、映画にかける予算も人員も増大するのは当然で、本作もとんでもないクオリティのCGを全体にわたって使いまくったゴージャスな映像がどどーんと展開されます。もうやりすぎな派手さで、何が何やらですが、賑やかだからOK。
●Bジャーナリスト  
最後はこれでもか!という破茶滅茶な超アクションが炸裂します。だからとりあえずラストまで見ることを推奨します。途中しか見ないとか今作の面白さの5%くらいしか味わえません。95%はクライマックスにあるのです。それくらいの断言をしたくなるくらいの派手さ。監督は「西遊記 はじまりのはじまり」も手がけた人だと聞いて、どんな風になるのかと楽しみにしていましたが、なるほど、この人の持ち味はここだったのかと納得。暇つぶしにどうぞ。