ディザスター・アーティスト

ディザスター・アーティスト

そのヘンテコな男との出会いが全てを変えた

グレッグ・セステロとトム・ビゼルが2013年に上梓したノンフィクション「The Disaster Artist」を原作とし、史上最低の映画としてカルト的な人気を博している『The Room』の製作過程を描いたコメディ。俳優になるべく演技学校に通っていたグレッグ・セステロは、そこでトミー・ウィソーという一風変わった男性と知り合いになった。当初、ウィソーのオーバーな演技に唖然としていたセステロであったが、彼の独特な風貌とアクセント、エキセントリックな振る舞い、自分の過去を決して語らないというスタンスに好印象を持っていく。

原題:The Disaster Artist / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年11月(DVDスルー) / 上映時間:103分 / 製作会社:New Line Cinema / 配給: / 製作費:1000万ドル / 興行収入:

【無料動画】

The Disaster Artist | Official Trailer HD | A24

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

日本ではマイナーな扱いにとどまって、あまり世間では認知されていない映画作品というのは意外にもたくさんあります。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスが役に立つかもしれません。このサービスには、有名な大作もいっぱいありますが、実はミニシアター系のインディーズ作品から劇場未公開でビデオスルーになった作品まで、隠れた一品もラインナップに加わっています。レアな映画を観たいマニアックな需要にも対応できます。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ディザスター・アーティスト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ディザスター・アーティスト』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジェームズ・フランコ
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影:ブランドン・トゥロスト
音楽:デイヴ・ポーター

★【キャスト】
ジェームズ・フランコ、デイヴ・フランコ、セス・ローゲン、ジョシュ・ハッチャーソン、ザック・エフロン、アリ・グレイナー、ジャッキー・ウィーヴァー、ハンニバル・ブレス、アンドリュー・サンティノ、ジューン・ダイアン・ラファエル、ネイサン・フィールダー、アリソン・ブリー、シャロン・ストーン、メラニー・グリフィス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1092%76
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
トミー・ウィソーが面白過ぎる。実在の人物にスポットをあてたいわゆるノンフィクションな伝記ものなのですが、こいつ、本当に存在したのかというくらいヤバい。笑ってはいけないけど、笑ってしまう。向こうは笑わせようとしていないのに、あふれ出る面白オーラ。笑いの神様に愛されているとしか思えない。しかも、プライベートの全てが謎過ぎるというオマケつき。映画から飛び出したフィクションの人物なんじゃないかと疑うレベル。最高です。
●映画FUN 
奇跡のクソ映画は天才的なアホによって生まれていた!という事実を見せてくれる。やはりバカと天才は紙一重なんだと痛感。ほぼ同一といってもいい。作品自体は、ジョークとシリアスの絶妙なバランスが心地よく、普通に大笑いできるだろう。この映画で描かれた人たちが実在して、実際にあんな感じで1本の映画が作られたという事実が信じられない。元ネタの知識や映画愛を求められるかもしれないがそこまで深く気にすることもないだろう。
●SPACEMOV 
巷で人気な有名俳優をゲストとして呼んだコント番組の超豪華2時間スペシャルみたいな感じだろうか。笑える人はゲラゲラと腹が痛くなるくらい笑えるでしょう。これを観た後は「The Room」を見たくなりますね。何より役者たちが楽しそうで、こっちまで幸せになってくる。ジェームズ・フランコが素晴らしい。トミー・ウィソー愛がひしひしと伝わってきます。セス・ローゲンも相変わらず面白いし。ザック・エフロンも出演していましたね。