マッドバウンド 哀しき友情

マッドバウンド 哀しき友情

大勢の批評家が大絶賛で、アカデミー賞にもノミネート

ヒラリー・ジョーダンが2008年に発表した小説「Mudbound」を原作とし、ある田舎で農業を営む白人の家族と黒人の家族の交流と決裂を描いたドラマ。31歳のローラは兄の上司であるヘンリー・マッカランに好意を寄せられていた。ローラの方はヘンリーに対して特に思い入れもなかったが、2人は結婚することになった。やがて、2人の間には子供が生まれた。一方、ハプ・ジャクソンは先祖代々の土地で農業を営んでいた。ハプは自らが小作農ではないことに誇りを持っていたが、自分の農地を手にしたいという願望は日に日に強まるばかりであった。第二次世界大戦が始まったため、ヘンリーの弟であるジェイミーとハプの長男であるロンゼルが徴兵されることになった。農地を買ったヘンリーは一家総出で引っ越し、そこでハプと出会う。

原題:Mudbound / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年11月(Netflix配信) / 上映時間:132分 / 製作会社:Elevated Films / 配給:

【無料動画】

オスカー有力候補作!Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV×】
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

劇場公開作もいいですが、動画配信サービスだけのオリジナル作品も素晴らしいクオリティの作品がたっぷり揃っています。どうしてもオリジナル作品と聞くと、クオリティが低いのでは?と思うかもしれませんが、海外では賞をとっているくらい評価の高い作品が多数存在します。見逃すと惜しい作品が本当にあるので、ぜひ重点的に注目しておくのもいいでしょう。お得に高評価作品を観れるというのはなかなかない体験です。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「マッドバウンド 哀しき友情」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『マッドバウンド 哀しき友情』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ディー・リース
脚本:ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ
撮影:レイチェル・モリソン
音楽:タマール・カリ=ブラウン

★【キャスト(キャラクター)】
キャリー・マリガン(ローラ・マッカラン)、ギャレット・ヘドランド(ジェイミー・マッカラン)、ジェイソン・クラーク(ヘンリー・マッカラン)、ジェイソン・ミッチェル(ロンゼル・ジャクソン)、メアリー・J・ブライジ(フローレンス・ジャクソン)、ジョナサン・バンクス(ヘンリーとジェイミーの父親)、ロブ・モーガン(ハプ・ジャクソン)、ケヴィン・ハリソン・Jr(ウィークス)、クラウディオ・ラニアード(パールマン医師)、ケネディ・デロシン(リリー・メイ・ジャクソン)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1096%85
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第90回アカデミー賞で助演女優賞、脚色賞、撮影賞、主題歌賞にノミネート。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
このドラマを見れば多くの人が圧倒されてしまう。それと同時になぜ人種の壁が存在するのか直視できた気もしてくる。これまで人種差別の徹底した苛烈さを描いてきた作品はあったが、この映画のように意図的に対比させて描いた作品はないのではないだろうか。二つの家族に起こる悲劇は一見すれば同じに見えても、その根本的な部分は全く違っている。その現実があまりにも無残に刻まれる。残ったのは傷だらけの家族だけだった。
●映画FUN 
ネットフリックス史上、最高傑作なんていう大仰な宣伝文句が目に付くし、公式もオスカー最有力なんて謳っているので、そんなハードルあげて大丈夫かと思ったが、なんてことはない。余裕で越えてきた。俳優陣の見事すぎる熱演、卓越した脚本、強烈なメッセージ、そのすべてがダイナミックに融合している。これはぜひ映画館で鑑賞したらよいぐらいのレベルじゃないかとも追わせるほどのドラマの迫力が凄まじい。