現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

デメキン(2017)

いじめられっ子が福岡の伝説の総長に!

お笑い芸人「バッドボーイズ」の佐田正樹が福岡最大勢力の暴走族総長だった頃を描き、漫画化もされて大ヒットした同名自伝小説を実写映画化。ギョロっとした二重まぶたというルックスから幼少期から「デメキン」と半ばバカにされて呼ばれ、いじめられていた佐田正樹。ある日「強くならなきゃ」と覚悟を決めた正樹は、かつてのいじめっ子たちを返り討ちにするまでに腕を上げ、ケンカでは敵なしの強靭な存在となっていく。赤髪リーゼントをトレードマークに中学、高校とケンカに明け暮れる毎日を送る中、小学校からの親友である厚成から福岡一の暴走族チームを作ろうと提案される。そして、ついにチーム「亜鳳」を結成した正樹と厚成たちに血気盛んな敵が次々と待ち構えていた。

原題:デメキン / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年12月2日 / タイム:116分 / プロダクション: / 配給:AMGエンタテインメント

『デメキン』予告

(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『デメキン』の無料動画は見れる?▼

青春はキラキラしているだけじゃない。ギラギラした粗雑な生き方もひとつのかたち。そんな歪な若さが爆発する作品をたっぷり見たいなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、レンタル店と違って、スマホでも視聴できるというメリットがあります。DVDのようなパッケージディスクを視聴できない人は、ぴったりなサービスです。ダウンロード機能もあるものもあるので、通信量を気にせず、安心して鑑賞もできます。

しかも、スタートはラクチン。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「デメキン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。

『デメキン』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『デメキン』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:山口義高(関連作品:『猫侍』)
脚本:足立紳
撮影:神田創
音楽:海田庄吾

★俳優(キャラクター)
健太郎(佐田正樹)、山田裕貴(合屋厚成)、柳俊太郎(真木)、今田美桜(アキ)、高橋里恩(マーカツ)、田中偉登(ヨージ)、福山翔大(鮫島)、三村和敬(将)、藤木修大(沼部清人)、岩永ジョーイ(ミツグ)、神永圭佑(三浦)、成田瑛基(庄野崎源太)、笠松将(蘭忠次)、黒石高大(大八誠)、坂田聡(店長)、両角周(しょうじ)、本田聡(てつや)、中崎敏(ヒカル)

★『デメキン』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 3.79 3.3
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『デメキン』の反応

●無料ホームシアター
自伝小説を実写映画化なので、ある程度は実話なはず。どこまでがリアルなのかはわかりませんし、結構美化されている部分もそれなりにあると思います。フィクション半分な感じで楽しめばいいのでしょう。暴走族という、今ではすっかり古臭くなった感じもする存在に、ちょっと時代の流れを感じますが、それも含めて昔っぽさがあります。これは若い人には受けるのかな。ある時代はこういう人たちをカッコいいと表現したのでしょうけどね。
●Cレポーター 
かなり単純明快なストーリーです。福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめる話。これがどこまで凄い事なのかはわかんないけど。こういう青春もあったんだと思いながらぜひ鑑賞してください。同じような青春を過ごした人は限られると思うけど、個人的には懐かしい博多弁を違和感なく沢山聞かれて良かったし、久しぶりにバイク乗りたくなりました。誰だってバカをしていた時期があるのです。
●Sアナリスト
長編映画初主演を飾った若手俳優・健太郎の演技は良かったです。「デメキン」はいわゆる不良系の作風の最新版という感じ。この不良という概念も時代を超えて使われるも、その姿は変化しています。一昔前の不良映画は見ていると懐かしさよりも芸人みたいになってきますからね。そんなわけで今作も一つの時代を象徴する、一過性の映画だと思えばいいでしょう。こういうワルもいたんですよと未来の世代は思ってください。