オリエント急行殺人事件(2017)

オリエント急行殺人事件

誰もが知る名作ミステリーを豪華キャストで映画化

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行。この落ち着いた列車の環境は、富豪ラチェットが刺殺されたことで突如一変し、不穏な空気に包まれる。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。

原題:Murder on the Orient Express / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年12月8日 / 上映時間:114分 / 製作会社:Kinberg Genre / 配給:20世紀フォックス映画

【無料動画】

映画『オリエント急行殺人事件』予告C

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

豪華俳優が贅沢に共演しましたと聞けば、絶対に面白そうに思いますし、なんとなく見ても飽きることはない確実な良作以上を保証してくれます。そんな作品を観たいのであれば、動画配信サービスが強い味方になります。例えば便利な機能として挙げられるのが、出演者で検索できるもの。この気になる俳優は他にどんな映画に出ているのかな?という疑問もその場で解決です。また、スマホでも視聴できるので、テレビがない場合でも問題ありません。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「オリエント急行殺人事件」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『オリエント急行殺人事件』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ケネス・ブラナー(関連作品:『シンデレラ』)
脚本:マイケル・グリーン
音楽:パトリック・ドイル

★【キャスト(キャラクター)】
ケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、ペネロペ・クルス(ピラール・エストラバドス)、ウィレム・デフォー(ゲルハード・ハードマン)、ジュディ・デンチ(ドラゴミロフ公爵夫人)、ジョニー・デップ(エドワード・ラチェット)、ジョシュ・ギャッド(ヘクター・マックィーン)、デレク・ジャコビ(エドワード・ヘンリー・マスターマン)、レスリー・オドム・Jr.(ドクター・アーバスノット)、ミシェル・ファイファー(キャロライン・ハバード)、デイジー・リドリー(メアリ・テブナム)、オリビア・コールマン(ヒルデガルデ・シュミット)、トム・ベイトマン(ブーク)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.7/1058%52
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.03.52/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン 
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
豪華な出演陣という部分だけを徹底的に売り出しているような気もする映画。それもそうだろう。ストーリーについては変な言及はできない。原作はあまりに有名な推理小説。少し調べれば犯人なんてすぐわかってしまう。当然、オチを知ることはこの作品の面白さを半減させてしまう。それ以外ではネタバレなしで褒めるなら、映像が非常に作りこまれており、キャラクターの配置にさえも気遣っている。ぜひ注目してほしい。
●映画FUN  
本ほど人物相関の深みが感じられないけども、みんな名優すぎて素晴らしかった。ケネス・ブラナーの一癖も二癖もある名探偵ポアロのキャラが非常に濃い。気になるのはオチを知っていても面白いのかということ。でも心配ないのではないだろうか。最後に待ち受けるエンディングを理解しているはずなのに、豪華、かつ実力派の役者たちによる演技がまさか違う結末が待ってるのでは?と勘繰らせるほど、謎めいていた。