ゴッホ 最期の手紙

ゴッホの死の謎を油絵でアニメ化

「ひまわり」「夜のカフェテラス」などで知られる印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を、全編油絵風のアニメーションで描き、解き明かしていく異色のサスペンスドラマ。俳優が演じた実写映像をもとに約6万5000枚におよぶ油絵が描かれ、アニメーション化するという手法で作られた。郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、父の友人で自殺した画家のゴッホが弟テオに宛てた手紙を託される。テオに手紙を渡すためパリへと向かったアルマンは、その過程でなぜゴッホは自殺したのか、その疑問が募っていく。一体あの著名なゴッホの死には何が隠されているのか…。

原題:Loving Vincent / 製作:イギリス・ポーランド(2017年) / 日本公開日:2017年11月3日 / タイム:96分 / プロダクション:BreakThru Productions / 配給:パルコ

全編が動く油絵!映画『ゴッホ 最期の手紙』特報

(C)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)

▼『ゴッホ 最期の手紙』の無料動画は見れる?▼

アニメ映画は人気の漫画などのアニメシリーズ劇場版ばかりが客を集めていますが、インディーズ系の作品も意外な魅力があって面白いものです。そんなときは動画配信サービスを効果的に使いましょう。マイナーな作品をわざわざ借りるのはためらうかもしれませんが、このサービスであればお得なのであまり気にすることなく鑑賞することができます。スマホでも見られるので、テレビを持っていない人でも問題ありません。

しかも、スタートはラクチン。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ゴッホ 最期の手紙」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ゴッホ 最期の手紙』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ゴッホ 最期の手紙』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
脚本:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
撮影:トリスタン・オリバー、ウカシュ・ジャル
音楽:クリント・マンセル

★俳優
ダグラス・ブース、ジェローム・フリン、ヘレン・マックロリー、クリス・オダウド、シアーシャ・ローナン、ジョン・セッションズ、エレノア・トムリンソン、エイダン・ターナー、ロベルト・グラチーク

★『ゴッホ 最期の手紙』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.9 83% 62
映画.com Yahoo! Fm
3.6 4.04 4.0
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ゴッホ 最期の手紙』の反応

●無料ホームシアター 
これは美術が好きな人は必見の作品だろう。もはや学校の授業で見せた方がいい。絵の素晴らしさについて知ることができるし、知られざるゴッホの人生を学ぶこともできる。一石二鳥だ。まず絵の力に圧倒される。もちろん絵は絵としてだけでじゅうぶん魅力的だし、そのままでいいという意見も頷ける。しかし、ゴッホの絵が彼のタッチで動くというのが、思った以上に予想外の感動を沸き起こす。それはきっとアニメーションのミラクルなのかもしれない。
●OPENLOAD  
単なるアニメではない。背景とキャラクターが一枚に描き続けられることでそのキャラの動きの残像が背景に投影されるところが不思議な味わい深さを醸し出す。作品内の動きはリアルで動いている役者の演技をトレースして細かく再現していく緻密な努力で完成されているわけだが、物語に入り込むためと画家の労力や一貫性のため、大変だったと思うが、とても美しい効果を生む魅力だったと思う。おそらくここまでの規模では唯一無二の作品であろう。
●Aマニア 
ゴッホという人物、そして彼の生み出した芸術作品は、さまざまな視点からの解釈を良しとするのが特徴だったと思います。それは逆の見方をすれば彼自身の人間性においても謎が多すぎるというのも理由にあります。後世の人たちはかなり好き勝手にゴッホを解釈してきました。しかし、本当の彼は一体どういう人物だったのかという疑問がぬぐえません。この映画は、その問いになんとゴッホの油絵で回答を導くとんでもない意欲作なのです。