アヤメくんののんびり肉食日誌

アヤメくんののんびり肉食日誌

これがロールキャベツ男子?

一見すると草食系だが内面に肉食系の気質を抱く「ロールキャベツ男子」の恋愛を描き、「第6回ananマンガ大賞」で準大賞を受賞した人気コミックを、黒羽麻璃央と足立梨花の主演で実写映画化。大学で生物学科の研究室に所属し、動物の骨格研究に情熱を注ぐ理系女子大生の椿雛菊(つばきデイジー)は、イギリス育ちの帰国子女で恐竜オタクの菖蒲瞬(あやめしゅん)と出会う。のほほんとした雰囲気を漂わせ、草食系男子に見える菖蒲だったが、一目ぼれした椿に対して積極的なアプローチを繰り返し、その結果、2人の恋は成就するかに見えた。しかし、そんな時、菖蒲の幼なじみだという美女エリザベスや、椿に好意を抱く先輩・仁英が現れて波乱が巻き起こる。

原題:アヤメくんののんびり肉食日誌 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年10月7日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給:ホリプロ、スターキャット

【無料動画】

映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』予告編|2017年10月7日公開

(C)2017 町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi

▼無料動画を見る方法▼

普通のラブコメは観飽きた! 一風変わった恋愛映画を見たい! そんなときは動画配信サービスで映画に出会いましょう。スマホでもパソコンでもテレビでも、自由に視聴スタイルを選択して、好きな鑑賞体験を味わえます。もう店でレンタルするなんて時代には戻れません。しかも、無料お試しキャンペーンを活用すれば、その設定された期間であればタダで動画を見まくることができます。その期間も短いものではなく、じゅうぶんな長さが用意されているので、焦って利用することもありません。自分に合ったサービスかどうかを試すには問題ない期間です。

では視聴したい作品を扱っているのがどの動画配信サービスなのかという問題ですが、それはこのページを参考にしてください。配信しているVODを一覧にして整理し、配信状況を適度に更新しています。特定のサービスをごり押しすることはしていませんので、安心して、自分に合ったものを探してください。

『アヤメくんののんびり肉食日誌』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:芝崎弘記
脚本:阿相クミコ

★【キャスト(キャラクター)】
黒羽麻璃央(菖蒲瞬)、足立梨花(椿雛菊)、佐伯大地(鈴木仁英)、瑛茉ジャスミン(エリザベス)、尾関陸(高山春樹)、永田崇人(里中弘之)、唯月ふうか(竹中望)、GENKING(奈良アキラ)、酒井敏也(斉藤秀則)、鶴見辰吾(菖蒲綾夫)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.02.79/5.002.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
思っていたよりは上を行く、期待以上の作品でした。化石とピュア恋愛いいですね。ラブコメとして完成度はかなり高いし、いい意味裏切られたりとストーリーも飽きさせません。鑑賞を迷ってたらオススメですし、普通に楽しめると思います。まさかのおっぱい連呼ムービーでしたけど。というかこれは映画という体裁を守ってはいない気もします。真面目に映画を見たいと思った人は困惑するばかりの、お気楽マイペース映画になっていますね。
●映画フリー 
ミュージカル『テニスの王子様』『黒子のバスケ』や『刀剣乱舞』など人気2.5次元ミュージカルへ主要キャストとして活躍してきた黒羽麻璃央の映画主演作。ということで最高です。肉食スイッチをたっぷりその目に刻み付けてきました。映画を作っていただき、ありがとうございます。バラエティのような効果音とテロップ、その演出に思わず「おおぉ」とこぼれ出る声。こういう映画もありなのかな。映画というか、脳内妄想みたいなものですが。
●BILIBILI 
「おっぱい触らせてもらっていいですか」ってリアルで言う人いるのかな。そんな疑問はこの映画に通用しません。いいですか、この世界にはあなたの知らない未知ワールドが存在するのです。むしろあなたの知っている世界はごく一部のイレギュラーなのです。馬鹿の一つ覚えの様にテロップを乱用しているこの映画は、頭の悪い一部テレビ番組をあえてなぞって、そのちゃらんぽらんな空想世界をストレートに見せているのです。わからないだろ?と。