アンダー・ハー・マウス

アンダー・ハー・マウス

センセーショナルな官能ラブストーリー

ユニセックスなトップモデルとして活躍するエリカ・リンダーが初めて映画で主演を務め、自分に正直に生きようとする女性たちの姿を官能的に描いた刺激的ラブストーリー。監督や脚本、撮影、プロデューサーなどメインスタッフの多くが女性で占められているのも特徴。心身ともにたくましく、昼間は大工として働くダラスは、夜ごと違う女性と関係を持つという奔放な日常を送りながら、自身の居場所を探していた。ある週末の夜、ダラスはバーの片隅で、ファッション誌の編集者として成功するキャリアウーマンのジャスミンと出会う。情熱的に絡み合い、お互いの愛を確かめ合った2人の時間は永遠のものと思われた。しかし、ジャスミンには結婚を約束した男性がおり、その男性の存在が、ダラスとジャスミンの関係が進む道を遮る大きな障壁となる。

原題:Below Her Mouth / 製作:カナダ(2016年) / 日本公開日:2017年10月7日 / 上映時間:92分 / 製作会社: / 配給:シンカ

【無料動画】

『アンダー・ハー・マウス』予告編

(C)2016, Serendipity Point Films Inc.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

女性ならではの視点が盛り込まれた特別な一作というのは、ニッチな観客の心にグサッと刺さる魔力があったりします。そんな魅惑の作品になるべくたくさん触れたいのであれば、動画配信サービスを使いましょう。ネット配信ということでレンタル店にはないメリットが盛沢山。探しづらい作品でも簡単に検索可能。店をうろうろする必要はありません。返す必要もなく、ネットレンタルはすぐにその場で視聴可能。便利さはお墨付きです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「アンダー・ハー・マウス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『アンダー・ハー・マウス』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:エイプリル・マレン
脚本:ステファニー・ファブリッツィ
撮影:マヤ・バンコビック
音楽:ノイア

★【キャスト】
エリカ・リンダー、ナタリー・クリル、セバスチャン・ピゴット、メイコ・ニュイエン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.5/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
レズ映画と呼ぶには言葉がガサツすぎるのでロマンポルノ的なものとでも便宜上呼んでおきましょうか。抑圧的な暗い感じは極力排除し、不思議な温かい雰囲気で関係性を包み込むように描いています。それでも自分を周囲から認められず、行き場を失っていく葛藤や苦悩はしっかり物語には存在しています。だからこその最終的な決断があるわけですから。性描写についても安易な雑な妥協をせず、あえて向き合っているのも好感が持てるポイントでした。
●SPACEMOV 
エリカリンダーの美しさはこの映画を観るだけでその脳裏に消えないほどハッキリ刻まれます。額が広くて顎が細くて独特なお顔立ちというのがいかにもモデルらしいパーフェクトさを象徴していますが、全く同じ人間とは思えませんよ。女性的で男性的でもあるという魅力はズルいですね。日本版だけなのかはわかりませんが、モザイクの範囲が広く、画としての美しさが損なわれるという欠点はとてつもなく残念な要素で、そこだけはなんとかしてほしい。
●DAILYMOTION
エリカリンダーの大ファンです。彼女が美しすぎて終始見惚れていました。性描写が激しいこともあって、人を選ぶ部分はあるでしょうが、このビューティな眼差しで見つめられたら誰でも夢中です。こんな顔で口説かれてみたい。愛には性別なんて全く関係ない。性別の壁を軽々と超えてしまうというのは頭では理解できるけれども、今作の場合はそれ以上にエリカリンダーという大きな要素がウェイトを占めていたので、ちょっと趣旨が変わってきますね。