女は冷たい嘘をつく

女は冷たい嘘をつく

消えた娘とベビーシッターの謎とは?

正体不明のベビーシッターに子どもを連れ去られたシングルマザーが繰り広げる5日間の追跡劇を描き、大ヒットした韓国製サスペンススリラー。1歳の娘ダウンの親権をめぐって元夫と調停中のジソンは、住込みの中国人ベビーシッターの女性ハンメに娘の世話を任せ、自らは仕事に追われる多忙な日々を送っていた。そんなある日、ハンメとダウンがこつ然と姿を消してしまう。突然のことで戸惑うジソン。しかも、その絶望的状況がさらに深まるように、警察や家族さえも相談しても信じてもらえず、養育権訴訟中に起こした自作自演ではないかと疑われてしまう。周囲に疑われ追い込まれたジソンはたった1人でダウンの行方を追うが、やがてハンメの名前も年齢も全てが嘘だったことが判明し…。

原題:Missing: Sarajin Yeoja / 製作:韓国(2016年) / 日本公開日:2017年10月30日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス

【無料動画】

娘はどこに…!映画『女は冷たい嘘をつく』予告編

(C)2016, DICE FILM & MEGABOX PLUS M, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

緊迫感溢れるサスペンスは誰でも思わず手に汗握るような体験に巻き込まれますが、韓国映画はその中でも特にサスペンスが得意です。そんな個性の強い作品を観たいのあれば、動画配信サービスを上手く使ってお得に観ましょう。利点はたくさんありますが、検索機能が充実しているので、他作品も連続して視聴できるのが病みつきになります。関連作を観ていけば、どんどん映画ライフから抜け出せなくなります。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「女は冷たい嘘をつく」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『女は冷たい嘘をつく』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:イ・オニ
脚本:イ・オニ、ホン・ウンミ
撮影:キム・ソンアン
音楽:シム・ヒョンジョン

★【キャスト】
オム・ジウォン、コン・ヒョジン、キム・ヒウォン、パク・ヘジュン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.4/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
よく練られたストーリーと悲しみの連鎖が畳み掛け、謎が明かされる様は観るものを惹きつける一級品のサスペンスでした。特にオム・ジウォンとコン・ヒュジンの演技は圧倒的な存在を放っており、韓国映画の底力を見せつけられました。根底にあるものは母親とベビーシッターそれぞれの子への愛。愛ゆえの行動だからといって擁護しようとかはないが、一概に冷たい嘘と呼ぶことはできないのがツラい部分。不思議と根底の部分に温かさもありました。
●SPACEMOV 
ラブコメの女王、コンヒョジンがこんなにも母親役にハマるなんて、意外な発見でした。テーマは子育て。韓国映画らしい社会の闇も見えます。日本だと女性側の有責でも親権は8~9割は母親側に行くとどこかで聞いた事があるのですが、韓国は事情が違うのかもしれません。ジェットコースター並の展開で、この社会の歪みを切り裂き、一瞬で駆け抜ける。凄い作品です。雑に絡んだ糸が少しずつほぐれていく脚本も良いし、ラストの切ない決着も見事。
●DAILYMOTION 
これはネタバレ厳禁ですね。他国籍のお嫁さんへの暴力、臓器売買、シングルマザーの子育て…国の問題にスポットを当てつつ、ラスト30分伏線の回収も含めて主人公達の心の機敏にしっかりフィットする。社会風刺とドラマがぴったり一致する。これぞ韓国映画の真骨頂。徐々に明かされていくベビーシッターの過去、唯一できた光が閉ざされた時の喪失感。お隣の国だけど、この問題はきっと日本でもある。排斥する社会圧の強まりにそう感じました。