現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

エンドレス・ポエトリー

ホドロフスキーが贈る本当に生きる意味

映画『エンドレス・ポエトリー』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『エンドレス・ポエトリー』の動画リンクへ。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督による自伝的作品『リアリティのダンス』の続編。製作総指揮はアレハンドロ・ホドロフスキー、モイセス・コシオ、アッバース・ノクハステ、浅井隆。故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。さまざまな悩みや葛藤を抱えたアレハンドロ青年は、後に世界的な詩人となるエンリケ・リンやニカノール・パラら、若きアーティストとの運命的で刺激的な出会いにより、自分が囚われていた現実からしだいに解放される。

原題:Poesia Sin Fin(Endless Poetry) / 製作:フランス・チリ・日本(2016年) / 日本公開日:2017年11月18日 / タイム:128分 / プロダクション: / 配給:アップリンク / 前作:『リアリティのダンス』

映画『エンドレス・ポエトリー』予告編

(C)2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『エンドレス・ポエトリー』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
才能あふれる映画監督が生み出す世界は唯一無二のオリジナリティが光っています。そんな才能に触れているだけで満たされる気持ちになるもの。そうした作品を観たいのであれば、動画配信サービスを使ってお得に視聴しましょう。映画鑑賞をする方法はさまざまですが、最近ではレンタル店は不便さも目立ち、ネットの発達にともない、ネット配信の重要性が増しています。今ではスタンダードな視聴スタイルになりました。

「無料」で感謝!
しかも、希望のコースがここに。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

ダメなこと!
違法サイトは使ってはいけません。それで「エンドレス・ポエトリー」の鑑賞はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

使うべきはどれ?
GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「エンドレス・ポエトリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

登録情報は最小限
登録は素早く、簡潔に。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「エンドレス・ポエトリー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
動画が見れないのはうんざりです。VODはそれらの心配が一切ない、「エンドレス・ポエトリー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

動画はフルの方がいい
カットされずにフルで見たい人も必見。「エンドレス・ポエトリー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
高評価映画はそれだけの鑑賞する価値があるということです。「エンドレス・ポエトリー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『エンドレス・ポエトリー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『エンドレス・ポエトリー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
音楽:アダン・ホドロフスキー

★俳優
アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコビッツ

★『エンドレス・ポエトリー』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.7 94% 78
映画.com Yahoo! Fm
3.8 3.99 4.1
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『エンドレス・ポエトリー』の反応

●映画の無料動画で夢心地 
「リアリティのダンス」から地続きの物語なので、そちらを見てからの方がずっと楽しめると思います。前作も非常に素晴らしく、今作の期待も膨らむばかりでしたが、期待以上に最高の体験ができました。ホドロフスキーの人生が描くというだけではない、創作とか生とかそういう活力が全てみなぎっている映画です。魂の謳歌という言葉がふさわしい、エネルギーの爆発でした。年齢とか関係ない、全ての人に生きる渇望を思い出させる作品です。
●Mコメンテーター
シーンの展開とこちらの理解の壮絶な追いかけっこの末に辿り着くのは、生きることの全肯定。甘過ぎないのがいい。一筋縄じゃいかない。自分で自分の機嫌をとって正直に生きていきたいな…。現在のアレハンドロの言葉はいちいちずっしりきた。なんか言葉にするのはとても難しくて、でも、自分が求める存在が見えてくる気がする。もし人生に迷っている人がいるなら、この映画を見るのはオススメです。きっと道しるべになってくれるはずだから。
●OPENLOAD
ホドロフスキー88歳、自身の青春期を真っ直ぐに見つめ直し、生と死を鮮やかに描いた大傑作! ちょっとした奇抜な演出や芸術性は、これまで通り予想していたけれど、こんなにも愛に溢れたものになっているとは思わなかった。街並みを当時の風景に変える、舞台の切り替えみたいなセットも、実際は予算不足のすえの苦肉の策らしいけどアイデアだなぁという感じだし、衰え知らずのホドロフスキー。永遠に映画を作らせたい監督のひとりです。