エンドレス・ポエトリー

エンドレス・ポエトリー

ホドロフスキーが贈る本当に生きる意味

アレハンドロ・ホドロフスキー監督による自伝的作品『リアリティのダンス』の続編。故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。さまざまな悩みや葛藤を抱えたアレハンドロ青年は、後に世界的な詩人となるエンリケ・リンやニカノール・パラら、若きアーティストとの出会いにより、自分が囚われていた現実からしだいに解放される。

原題:Poesia Sin Fin(Endless Poetry) / 製作:フランス・チリ・日本(2016年) / 日本公開日:2017年11月18日 / 上映時間:128分 / 製作会社: / 配給:アップリンク / 前作:『リアリティのダンス

【無料動画】

映画『エンドレス・ポエトリー』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

才能あふれる映画監督が生み出す世界は唯一無二のオリジナリティが光っています。そんな才能に触れているだけで満たされる気持ちになるもの。そうした作品を観たいのであれば、動画配信サービスを使ってお得に視聴しましょう。映画鑑賞をする方法はさまざまですが、最近ではレンタル店は不便さも目立ち、ネットの発達にともない、ネット配信の重要性が増しています。今ではスタンダードな視聴スタイルになりました。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「エンドレス・ポエトリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『エンドレス・ポエトリー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
音楽:アダン・ホドロフスキー

★【キャスト】
アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコビッツ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1094%78
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.99/5.004.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
「リアリティのダンス」から地続きの物語なので、そちらを見てからの方がずっと楽しめると思います。前作も非常に素晴らしく、今作の期待も膨らむばかりでしたが、期待以上に最高の体験ができました。ホドロフスキーの人生が描くというだけではない、創作とか生とかそういう活力が全てみなぎっている映画です。魂の謳歌という言葉がふさわしい、エネルギーの爆発でした。年齢とか関係ない、全ての人に生きる渇望を思い出させる作品です。
●映画フリー
シーンの展開とこちらの理解の壮絶な追いかけっこの末に辿り着くのは、生きることの全肯定。甘過ぎないのがいい。一筋縄じゃいかない。自分で自分の機嫌をとって正直に生きていきたいな…。現在のアレハンドロの言葉はいちいちずっしりきた。なんか言葉にするのはとても難しくて、でも、自分が求める存在が見えてくる気がする。もし人生に迷っている人がいるなら、この映画を見るのはオススメです。きっと道しるべになってくれるはずだから。
●OPENLOAD
ホドロフスキー88歳、自身の青春期を真っ直ぐに見つめ直し、生と死を鮮やかに描いた大傑作! ちょっとした奇抜な演出や芸術性は、これまで通り予想していたけれど、こんなにも愛に溢れたものになっているとは思わなかった。街並みを当時の風景に変える、舞台の切り替えみたいなセットも、実際は予算不足のすえの苦肉の策らしいけどアイデアだなぁという感じだし、衰え知らずのホドロフスキー。永遠に映画を作らせたい監督のひとりです。