レミングスの夏

レミングスの夏

作家・竹吉優輔による青春ミステリー小説を映画化

「襲名犯」で第59回江戸川乱歩賞を受賞した茨城県取手市在住の作家・竹吉優輔による青春ミステリー小説を五藤利弘監督のメガホンで映画化。是枝裕和監督の「奇跡」で兄の航基とともにダブル主演を務めた前田旺志郎が、単独初主演を飾った。茨城県の取手の街に、ハサミで小学生を切りつける「ハサミさん」が現れるという都市伝説がいつのまにか広がっていた。中学2年生のアキラやナギらは、6年前の小学2年生の夏に起こったある出来事によって奪われた、楽しかったあの日を取り戻すため、ネズミを意味する「レミング」から名付けた仲良しグループ「レミングス」とともに、大きな計画を実行に移す。

原題:レミングスの夏 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年10月1日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:オムロ

【無料動画】

『レミングスの夏』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

不思議な設定がベースとなった普通とは少し違うドラマが織りなす作品は、観客にそれぞれ異なる感想を持たせるもので、一度鑑賞してもまた次に観た時は別の印象を持ったりします。そんな作品を視聴したいときは、動画配信サービスを活用するといいです。これはネット配信なので、スマホ(AndroidやiPhone)でも、パソコンでも、テレビでも鑑賞することができます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「レミングスの夏」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『レミングスの夏』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:五藤利弘
脚本:五藤利弘
撮影:谷基彦
音楽:スネオヘアー

★【キャスト】
前田旺志郎、菅原麗央、平塚麗奈、瑚々、桃果、遠藤史人、モロ師岡、中村ゆり、スネオヘアー、田中要次、渡辺裕之、堰沢結衣、大桃美代子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.74/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
五藤監督の映画は映像を含めどれもホント好きになってしまう魅力があります。今回の新作も映画全体に流れている空気感が心地よい。五藤監督の真骨頂であるテクニックがあちらこちらでピカピカ輝いています。押しつけがましい作風は全くない。もともと五藤監督は、民放のテレビドキュメンタリー番組で構成作家としてまたディレクターとして活躍してきたせいか登場人物に感情移入しない人物描写や、アップを多用しない撮影は表現が控えめで上手い。
●映画フリー
クライマックスともいうべき花火の場面。きちんと送ることのできなかった被害者に三途の川を渡り切らせたい。そのことによって境界領域で浮遊する人々をこちらの岸に引き戻したい。そういう祈りに満ちた作品になった。この映画は原作を読んでからもう一度観ると印象が変わるはずだ。張り巡らされた伏線のある原作を読んだ後でないと、筋立てがわかりにくい部分もあるので評価が分かれるかもしれない。
●BILIBILI
長岡出身の五藤監督の代表作である「ゆめのかよいじ」と「モノクロームの少女」は、物語の構造としては怪談映画に近い作風だった。こちらの岸とあちらの岸の境界で強い想いを抱き続けて浮遊する者たちの物語だ。抒情派とも情念派ともいうべき五藤監督が江戸川乱歩賞作家である竹吉優輔氏のミステリー作品を映画化するという話を小耳に聞いた時には驚いた。どういう作品に仕上がるのか興味深かった。
●VIDEOEYNY
謎解きを進める刑事との心のせめぎあいはミステリー作品として重要な要素であり、想像力を掻き立てられるカット割りとともに誘引される展開を楽しめる。台詞を重視した演出と動きのあるカメラワークの組み合わせは落ち着いた雰囲気に対してスピード感を効果的に与えているように感じられた。決していい作品ではないのですが、かといって貶すほどではない。むしろ良作としては褒められるものです。