ヴェンジェンス

ニコラス・ケイジが処刑する

ニコラス・ケイジが刑事でありながら法で裁けぬ悪を成敗する処刑人に扮したノンストップ・アクション。湾岸戦争の第一線で奮闘した元軍人の刑事ジョンは、長年の相棒を亡くして失意の底にいたが、あるパーティで知り合ったシングルマザーの女性ティーナとの交流を通し、次第に活力を取り戻していく。そんなある日、ティーナが町のチンピラたちに暴行される事件が起こり、犯人たちは逮捕されたものの、金に物を言わせて雇った弁護士によって無罪を勝ち取り、釈放されてしまう。この不条理な出来事に怒りを覚えたジョンは、自らの手で犯人たちに制裁を加えることを決めるが…。

原題:Vengeance: A Love Story / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年9月30日 / タイム:99分 / プロダクション: / 配給:クロックワークス

『ヴェンジェンス』予告

(C)2017 DETECTIVE AND THE GIRL PROODUCTIONS, LLC All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼auビデオパス(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ヴェンジェンス』の無料動画は見れる?▼

ニコラス・ケイジ出演作は全部チェックしていますという熱心なファンならばたくさんの作品を逃さず押さえておきたいものです。そんなときは動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、DVDと違って媒体を選びません。スマホでもパソコンでもテレビでも、自由に鑑賞することが可能です。検索機能も充実しており、俳優の関連作をさらに連続して視聴することもできます。いつもよりもさらに映画が身近になること間違いなしです。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ヴェンジェンス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ヴェンジェンス』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ヴェンジェンス』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジョニー・マーティン
脚本:ジョン・マンキーウィッツ
音楽:フレデリック・ウィードマン

★俳優
ニコラス・ケイジ、アンナ・ハッチソン、ドン・ジョンソン、タリタ・ベイトマン、デボラ・カーラ・アンガー、ジョシュア・ミケル、マイケル・パパジョン

★『ヴェンジェンス』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.2 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.3 3.31 3.2
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『ヴェンジェンス』の反応

●Cレポーター
原題は「Vengeance: A Love Story」でラブストーリーとあるとおり、愛をきっかけにした復讐もの。復讐系のやつはだいたい愛する者を奪われたことで始まるので、いつもと同じじゃないかと思うかもしれないが、そこは深く突っ込まないでほしい。静かに復讐の炎を燃やすのは、いつも復讐しているニコラス・ケイジ。もはやこれが専業。彼の作品ではホームラン級で、久々に重厚でドシンとくるようなリベンジが画面いっぱいに展開されます。
●SPACEMOV 
ニコラス・ケイジ版「必殺仕事人」で被害者の葛藤も交えつつ、描き出す。引き金となるのは集団強姦事件というだけあって重苦しい。金に物を言わせた容疑者たちは弁護士により保釈され、被害者と観客の怒りのボルテージはMAXを簡単に超えてしまう。よし、復讐だ。そんなこんなでケイジさんの登場です。犯人役の4人は見事なクズなので、もうどんな残酷なことでも好き勝手に復讐しちゃってくださいという気分。ケイジがいるかぎり犯罪者に未来なし!
●Bジャーナリスト 
これはブチ切れもしょうがない最低野郎だった。あれはレイプではなくお互いの合意の上だった、レイプされた被害者も泥酔していたではないか?なと次々に憎たらしい弁の立つ弁護士に、お前もレイプしてやろうか!などという闇がフツフツと浮かび上がるのは冗談としても、我らがニコラス・ケイジはそれを許さないのであった。このまま彼には、ハリウッドを揺るがすセクハラプロデューサーや俳優をバッサバサと殺していってもらおうかな。