ウインド・リバー

カンヌが絶賛! 脚本家テイラー・シェリダンの監督作

『ボーダーライン』や『最後の追跡』の脚本家テイラー・シェリダンが監督したスリラー。ワイオミング州ウィンド・リバー保留地。FWS(アメリカ合衆国魚類野生生物局)の職員、コリー・ランバートは荒野のど真ん中で少女の死体を発見した。FBIは事件の捜査のために、新人捜査官のジェーン・バナーを現地に派遣した。自然の過酷さを甘く見ていたバナーは、捜査が上手くいかず苦労する。そこで、バナーはランバートに捜査への協力を依頼した。2人は荒れ狂う自然と剥き出しの暴力に直面しながらも、ネイティブ・アメリカンの村社会の闇を暴き出していく。

原題:Wind River(「ウィンドリバー」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開:2018年7月27日 / タイム:111分 / プロダクション:Acacia Entertainment / 配給:KADOKAWA


(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ウインド・リバー』の無料動画は見れる?▼

緊迫感溢れるサスペンスとその背景にある深く鋭い社会風刺が合わさった作品が好みなら、気になる映画も多いはず。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスを活用してみましょう。AndroidやiPhoneなどスマホでも視聴できますし、テレビでも鑑賞は可能です。また、字幕や吹き替えも揃っているので、安心して自分の好きな方を選べます。サービスによっては英語字幕も選択できるので、語学勉強の役に立つこともできます。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「ウインド・リバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ウインド・リバー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ウインド・リバー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:テイラー・シェリダン
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ベン・リチャードソン
音楽:ニック・ケイヴ、ウォーレン・エリス

★俳優
ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ギル・バーミンガム、ジョン・バーンサル、ジュリア・ジョーンズ、ケルシー・チャウ、グラハム・グリーン、マーティン・センスマイヤー、タイラー・ララッカ、ジェラルド・トカラ・クリフォード、ジェームズ・ジョーダン、エリック・ラング、イアン・ボーエン、ヒュー・ディロン、マシュー・デル・ネグロ、テオ・ブリオネス、タントゥー・カーディナル

★『ウインド・リバー』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.8 86% 73
映画.com Yahoo! Fm
3.9 3.95 4.0
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ウインド・リバー』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター 
「ボーダーライン」や「最後の追跡」で小難しい映画ファンを黙らせた、恐るべき才能を見せる脚本家テイラー・シェリダンの監督作。この宣伝文句だけで映画ファンは絶対に見に行かなければならない使命感にかられる。相変わらず緊張感MAXなサスペンスが最高に上手い。ドラマから一瞬も目が離せず、緩んだ隙に一気に展開される強弱が巧み。やはりストーリーテリングの天才なのかと実感させられる。これはサスペンス好きには外せない一本だ。
●Mコメンテーター  
ハンターとして家畜を狙う熊や狼を殺す仕事をしている職業感と、ネイティブアメリカンの現状、アメリカの地方の現実。これらの要素が役に関わり、生まれる緊迫感と世界のひっ迫感がジリジリとした雰囲気を作り、思わず息をひそめて映画をみてしまう。テイラー・シェリダンはこういう分野を得意としていることもあって、これから絶対にアメリカ映画に名を刻んでいく才能として存在感を増し続けているのではないかと確信させる映画だった。
●SPACEMOV  
歴史的な社会問題、様々な差別、そして、西部劇的なストーリー。「最後の追跡」の脚本家テイラー・シェリダンらしい作品でした。描かれるネイティブインディアンに対する構造的暴力と身体的暴力は日本人である我々には全く身近ではないにせよ、これがアメリカの裏にあるもうひとつの世界なのでしょう。雪と沈黙に覆われた環境が、語られるべき歴史を消しており、それがフッと表出する瞬間を切り取った素晴らしいサスペンスでした。