Death Note デスノート(2017)

Death Note デスノート

「デスノート」をハリウッド実写映画化

大場つぐみ(原作)と小畑健(作画)による日本の人気漫画で国内でも何度も映画化されたことがある「デスノート」を、Netflixによるハリウッド実写映画化したサスペンス・ホラー。死神が落としたノートを駆使し、悪人を葬り去る闇の存在となったライト・ターナー。だが謎の名探偵、そして1人の同級生の存在が、その運命を大きく変えていく…。

原題:Death Note / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年8月(Netflix配信) / 上映時間:100分 / 製作会社:Vertigo Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース

【無料動画】

ハリウッドで実写映画化!『Death Note/デスノート』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【dTV×】
VOD5【Hulu×】
VOD6【TSUTAYATV×】
VOD7【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

日本でも大人気のあの作品がハリウッド映画化と聞くと、その内容がどんなものなのか興味が湧いてくるというもの。そこで動画配信サービスを試してみましょう。とくにNetflixはオリジナル作品が多め。ここでしか見れない作品に重視がされているので、他とは違って毎回似たり寄ったりな配信ラインナップになっているようなことはありません。オリジナルは質が低いのでは?と思うかもしれませんが、そのクオリティは劇場公開作に負けていないので、ぜひ注目しましょう。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「Death Note デスノート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『Death Note デスノート』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アダム・ウィンガード(関連作品:『ブレア・ウィッチ』)
脚本:チャーリー・パルラパニデス、ヴラス・パルラパニデス、ジェレミー・スレイター
撮影:デヴィッド・タッターサル

★【キャスト】
ナット・ウルフ、マーガレット・クアリー、キース・スタンフィールド、シェー・ウィガム、ウィレム・デフォー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
4.6/1039%43
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
かなり評判悪いので期待しないで観たら意外に面白かったですね。ちゃんとハリウッドらしいアレンジがなされています。原作に忠実な映画化はもういいですし、こうやってどんどん大胆に改変していくほうがいいと思います。米国版学園ものっぽく話しもそれなりに作り込まれており続編を期待できるかのような終わり方は2を製作する気満々なのだろうか? 見る前はやはりハードルを下げてから見るのが楽しむには1番のスパイスかもしれない。
●映画FUN 
これは原作とは別物だと割り切って視聴しないと肩透かしを食らう。原作にあった頭脳戦がこの作品にはない。キャラクターは皆直情的で物事を深く考えずに発言する。でもこの点については最近の邦画も同じ、というかこれ以上に酷かったので、今作は相対的に凄くマシに見えます。まずゴア表現でインパクトをだそうという心意気は良いです。血ドバーですからね。ライトはちょっと小物感が増しましたが、だんだん悪に染まっていく感じがGOOD。
●OPENLOAD
ストーリーも大筋は一緒ですが細かいアレンジや展開の意外性など、オリジナルとは一線を画す出来で、日本は日本、ハリウッドはハリウッド版の良さがあると感じました。テンポの良さやクライマックスにかけての盛り上がりは良かったです。ヒロインのミアもダークさを兼ね備えて且つ可愛いです。序盤の『ファイナル・デスティネーション』的死に様博覧会展開は笑えるし、デスノートという設定の本質的なバカさ加減をよくわかっている。