デトロイト(2017)

地獄と絶望の史実、最後まで直視できるか

キャスリン・ビグロー監督による、1967年7月、米ミシガン州デトロイトの無免許酒場に警察が踏み込んだことをきっかけに、アフリカ系アメリカ人による大規模な暴動が発生し、5日間に渡って白人警官と激しく衝突したデトロイト暴動を描いたドラマ。1967年、夏のミシガン州デトロイト。権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、ついに暴動が発生。3日目の夜、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルの一室から銃声が響く。デトロイト市警やミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊たちが、ピストルの捜索、押収のためモーテルに押しかけ、数人の白人警官が捜査手順を無視し、宿泊客たちを脅迫。誰彼構わずに自白を強要する不当な強制尋問を展開していく。

原題:Detroit / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年1月26日 / タイム:143分 / プロダクション:Annapurna Pictures / 配給:ロングライド / 製作費:3400万ドル / 興行収入:

映画『デトロイト』日本版予告第2弾

(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『デトロイト』の無料動画は見れる?▼

時代の一事件を描いた映画はその歴史を知るためにもとても役に立つ素材であり、知識を増やすことにもつながります。そんな作品に触れたいなら、動画配信サービスがオススメです。これは現在も利用者数が増加し続けており、登場以降、支持を集めてきました。ITサービスなのでどんどん機能が追加されていくのも利点であり、今後もさらなる進化が期待されています。加えてスマホやパソコン、テレビなど自由な視聴スタイルも、未来に現れる新しい媒体にも対応していくでしょう。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「デトロイト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『デトロイト』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『デトロイト』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:キャスリン・ビグロー(関連作品:『ゼロ・ダーク・サーティ』)
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★俳優
ジョン・ボヤーガ、ウィル・ポールター、アルギー・スミス、ジェイソン・ミッチェル、ジョン・クラシンスキー、アンソニー・マッキー

★『デトロイト』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.4 83% 77
映画.com Yahoo! Fm
3.9 3.57 4.0
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『デトロイト』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●Mコメンテーター
狂気の沙汰としか思えない。人はなぜここまでおかしくなるのか。人間の本質は暴力であるという言葉は真実だと言わざるを得ない。それくらい怖すぎる映画だった。実話を元にした約140分という長さ、更にあまりのリアルさに途中からずっと身体に力が入った硬直状態になったままだったが、一瞬で駆け巡った感覚。これは観客を拷問し、束縛し、地獄へと落とすとんでもない作品である。覚悟してほしい。見るのに勇気がいる一作なのは間違いない。
●OPENLOAD 
警官が捜査手順を無視してモーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始める…それだけといえばそれだけの映画。しかし、めちゃくちゃ怖かったです。それこそもうこの場から逃げ出したくなるほどびびってしまい…。別に自分が尋問されているわけじゃないのに。ここから抜け出すにはどうしたらいいのか、そんなことをずっと考えさせられます。いろんな感情が渦巻いた結果、残ったものは結局、今のアメリカの実情なのかと思うとまた絶望します。
●STREAMIN
行政、司法、立法に見捨てられ、殺されるという恐怖をあなたは想像できるか。普通はありえないこの非現実の事態を私たちにまざまざと見せつけてくる映画がこれである。日本の警察官も誤認逮捕しますし、裁判官も冤罪判決を下します。これは別にアメリカだけの問題じゃないのもわかります。しかし、この映画が突きつけるあまりのアブノーマルなバイオレンスは言葉を失うし、人間不信に陥るレベルです。この世界に救いはないのでしょうか。

★【おすすめの関連作】
・『ハート・ロッカー