オン・ザ・ミルキー・ロード

オン・ザ・ミルキー・ロード

名匠エミール・クストリッツアの監督作

名匠エミール・クストリッツアが9年ぶりにメガホンをとり、モニカ・ベルッチをヒロインに迎えて描いた人間ドラマ。クストリッツァ自らが主演を務め、戦争の混乱の中で運命に翻弄される男の波乱万丈な人生を描く。戦時中のとある村。ロバに乗って銃弾をかいくぐりながら兵士たちにミルクを届ける牛乳配達人の男は、村の美しい女性に愛されて幸せな毎日を送っていた。ところがある日、謎めいたイタリア人美女と恋に落ちたことで、男の人生は一変する。イタリア人美女の過去が原因で村が襲撃され、2人は危険な冒険の旅へと身を投じる。

原題:On the Milky Road / 製作:セルビア・イギリス・アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年9月15日 / 上映時間:125分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

【無料動画】

『オン・ザ・ミルキー・ロード』本予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

名監督の織りなすドラマチックな人間模様を楽しみませんか。そんな魅力的な作品を揃っているのが、動画配信サービスです。ネット配信で作品を提供するこのサービスは主に2種類の形態があります。ひとつは単体で作品をレンタルするタイプのもの。もうひとつは見放題で月額など一定の料金を払えば見放題になるもの。それぞれ片方しかないものもあれば、両方使えるサービスもあるので、検討する際はその点にも気をつかって考えてみましょう。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「オン・ザ・ミルキー・ロード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『オン・ザ・ミルキー・ロード』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:エミール・クストリッツァ
脚本:エミール・クストリッツァ
音楽:ストリボール・クストリッツァ

★【キャスト】
エミール・クストリッツァ、モニカ・ベルッチ、プレグラグ・ミキ・マノジョロビッチ、スロボダ・ミチャロビッチ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1057%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.57/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
初めは話に入り込めないのに動物の鳴き声や音楽が生々しくて混乱したけど、知らぬ間にこの世界に引き込まれていた。最後のシーン、まだ自分の中で消化しきれずに余韻が残ってる。人が殺されたり、爆撃の音とか怖かったし痛いシーンもあったけど、愛しい夢みたいな光景が見たいからもう一回見たいと今、思ってる。この不思議と惹きつけられる力こそこの映画の秘めたるパワーだと思うし、見ればその魅力の片鱗を気づくことができるはずだろう。
●SPACEMOV
やはりクストリッツァは凄い。暗い辛い戦争を、こんなに俯瞰でからかうように描ける人って、他にいないんじゃないかな。動物たちまでもが胸が痛いほどバンバン死んでいったのはおそらくリアルもあるだろうから、見ていてちょっと辛かった。でも、それが戦争なのよね。しかも、人が死ぬ戦争映画に慣れた観客の心をえぐるために動物まで使うという点は、私たちの戦争への無関心を突きつけるような効果もあって。戦争の悲惨さを斬新に描く一作です。
●DAILYMOTION  
最初の豚のシーンでこれ耐えられないかもと身構える。でも、安定の世界観に安心もする。相変わらず音楽と動物については最高で、ダンスするハヤブサは本作ベストショット。彼の眼を模倣した、多々出てくる俯瞰のショットは風景の美しさを画面に刻みながら、大国の都合に振り回される小国の立場を示唆している。羊飼いの言葉が最後の主人公の行動に繋がってる気がする。あとあの山頂のシーンでは残された者の葛藤やジレンマが感じられたのもいい。