クロニクル(2012)

これは手にしてはいけない能力を手にした若者たちの記録

ふとしたことで超能力を手にしてしまった高校生たちがその力に翻弄されていく姿をファウンドフッテージ形式で描いたSFアクション。平凡で退屈な日常生活を送る3人の高校生アンドリュー、マット、スティーブは、ある日、特殊な能力に目覚める。手を触れずに女子のスカートをめくったり、雲の上まで飛んでアメフトをしたり、3人は手に入れた力を使って刺激的な遊びに夢中になっていく。しかし、そんなある時、あおってきた後続車両にいら立ったアンドリューが力を使って事故にあわせたことから、3人は次第に自らの力に翻弄され、事態は予期せぬ方向へと発展していく。

原題:Chronicle / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年9月27日 / タイム:84分 / プロダクション:Davis Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1200万ドル / 興行収入:

映画「クロニクル」予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼auビデオパス(30日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『クロニクル』の無料動画は見れる?▼

特殊な映像表現で観客をあっと言わせるような作品は思わず見入ってしまう魅力があります。そんなビジュアルが大切な作品をたっぷり見たいなら動画配信サービスがオススメです。映像の質が大事な作品でもこのサービスなら大丈夫。画質を心配するかもしれませんが、HDクオリティ以上のじゅうぶんな動画再生環境が用意されています。加えて、テレビでも見れるので大画面で観たいという人の需要にも答えることができ、非常に便利なサービスです。

しかも、希望のコースがここに。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「クロニクル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『クロニクル』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『クロニクル』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジョシュ・トランク(関連作品:『ファンタスティック・フォー』)
脚本:マックス・ランディス
撮影:マシュー・ジェンセン
音楽:アンドレア・フォン・フォースター

★俳優
デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュレイ・ヒンショウ、ボー・ピーターセン、アンナ・ウッド

★『クロニクル』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.1 86% 69
映画.com Yahoo! Fm
3.5 3.60 3.5
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『クロニクル』の反応

●Cレポーター  
尋常じゃない力を手にして、その力に溺れていく青年たち。ファンタジーSFではありますが、その中身は普遍的な青春映画にもなっていて、かなり身近なテーマになっている。いわゆるアメコミ映画とは全然違うものだと思った方がいい。自己承認欲求と蔑まれてきたことへの回答が極まったラストは切なくもどこか解放感もあって、この映画が清々しさと痛々しさを両立していることはバランスの絶妙さで成り立っているものといえるだろう。
●STREAMANGO  
ヒーロー物にもヴィラン物にもなりうる不安定な高校生を描くもので、少し日本のアニメっぽい「俺、強いぜ!」みたいな能力を手にした少年がどう世界を折り合いをつけるかというテーマでもある。POVにしていることで、主人公が悪に染まっていく様をより不気味に見せつつ、今のSNS映えを連想させるかのようなライトな盛り上がりも感じる。本作が作られた時期は「youtuber」なんて言葉も認知されていない状態だったのだけど…。
●VUDU 
この頃のデイン・デハーンは最上級。デハーンなどの怪しくて暗くて異形な美しさを持つ役者が好物な自分にとって、これはご褒美クラス。「手持ちカメラで撮りました」系のやつは苦手なんだけど、これは意外に大丈夫だった。上手く撮っているし、そこまで雑な感じもしないからか。哀しい物語、報われない物語で見ているとどんどん辛い感じになりますが、ハマる方にはとことんハマるかと思われます。隠れた名作です。