猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

「猿の惑星」リブート・シリーズ第3作

マット・リーヴス監督による、「猿の惑星」シリーズをリブートした『猿の惑星:新世紀』の続編で、猿のシーザーの激動の人生の最終章が描かれるSFドラマ。復讐心に囚われた猿のコバの反乱によって、猿と人間の戦争が引き起こされてから二年。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーは葛藤していた。また、シーザーに粛清されたコバのかつての部下で、シーザーへの復讐に燃える赤毛のゴリラ・レッドを筆頭に、猿達の中でも人間側へと寝返る裏切り者も出始め、猿と人間の争いは混迷を極めつつあった。そして、シーザーは旅立つ。ついにこの星の運命を決定づける巨大な戦いが始まる。

原題:War for the Planet of the Apes / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年10月13日 / タイム:140分 / プロダクション:Chernin Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:4億9000万ドル / 前作:『猿の惑星:新世紀(ライジング)

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告A
Go Behind the Scenes of War for the Planet of the Apes (2017)

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
圧倒的な映像表現で観客の度肝を抜くような凄まじいビジュアルが魅力の作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用するのがオススメ。画質が心配という人もいますが、ネット配信はそんな問題はもはやありません。DVDと遜色のないハイクオリティな映像を大画面でも鑑賞できるので、これ以上の悩みはないですし、DVDはいらないくらいの利便性がプラスであります。

「無料」の恩恵にあずかろう!
お金の心配はそこまで必要はないです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

アウトです!
違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

あなたの選択は自由!
ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

字幕・吹替、選択は自由
字幕でも吹き替えの悩みはこれで終わり。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の面白さの発見につながるかもしれません。

パスワードは大事
パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:マット・リーヴス(関連作品:『モールス』)
脚本:マーク・ボンバック、マット・リーヴス
撮影:マイケル・セレシン
音楽:マイケル・ジアッキーノ

★俳優(キャラクター)
アンディ・サーキス(シーザー)、ジュディ・グリア(コーネリア)、ウッディ・ハレルソン(大佐)、アミア・ミラー(ノヴァ)、スティーヴ・ザーン(バッド・エイプ)、カリン・コノヴァル(モーリス)、テリー・ノタリー(ロケット)、タイ・オルソン(レッド・ドンキー)、マイケル・アダムスウェイト(ルカ)、トビー・ケベル(コバ)、サラ・カニング(レイク)、マックス・ロイド=ジョーンズ(ブルーアイズ)、デヴィン・ダルトン(コーネリアス)、アレクス・ポーノヴィッチ(ウインター)、ガブリエル・チャバリア(プリーチャー)

★『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.5 93% 82
映画.com Yahoo! Fm
3.5 3.63 3.7
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地
過去作を見てきた人ならばシーザーの辿ってきた歴史を思い返し、その雄姿と成長に、どうしたって涙してしまう。はっきり言ってこの映画は過去作さえ見れば感動が2倍にも3倍にも倍増するので何としても過去2作を見ておくべきです。例えば、シーザーの人間の言葉の話し方が流暢になっている姿、最後に大佐を見つめる目とその葛藤、これらは過去作を理解していないとわからないでしょう。家族を何度も失っているシーザーが最期の瞬間に見たもの、それはやっぱり「家族」なのです。もうこれは…落涙しますよ。シーザー、ありがとう…。
●Cレポーター 
まずこれは誰が見てもわかる凄さですが、映像技術が凄まじいです。今はCGで驚く人はほとんどいないですが、この映画は大げさな表現抜きで本当に圧倒的なクオリティでした。ただのリアルではない、役者としての演技力さえ感じるレベルの表現力。フェイシャルをトレースした表情も圧巻だし、光源や環境で変化する毛並みも尋常じゃない。CGがあるからといって役者が廃業になるわけではない、むしろ役者の新たな活躍の場が開かれた、ものすごい未来を感じさせます。これから映画界の最先端はどうなっていくのでしょうか。震えるほどワクワクします。