インデペンデンス・デイ2017

人類よ、覚悟はいいか

人々を襲う意思なき機械たちの恐怖を描いたSFパニック。西暦20XX年、地球は鉱物資源を狙う謎の侵略者に支配された。全ては壊され、日常は崩れ、かつての賑やかさも消えた廃墟と化したロサンゼルス。上空に巨大UFOが浮かび、哨戒するドローン「無人機」が人間を片端から殺してゆく。この凄惨な世界で難民と化した人々は、全滅を待つだけの絶望の日々を送っていた。全員が死に絶えるその日はすぐそこだった。ある日、レジスタンス兵士のイライアスは、軍事組織“ホーネット”にリクルートされる。彼らの目的は、人類の“独立”を勝ち取ることだった。その第一歩として、ドローン母艦爆破作戦が開始された。圧倒的な科学力を持つ姿なき敵に、人類は勝てるのか?

原題:Drone Wars / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年7月(DVDスルー) / タイム:84分 / プロダクション: / 配給:

インデペンデンス・デイ2017

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『インデペンデンス・デイ2017』の無料動画は見れる?▼

大仰なタイトル、かっこよさげなビジュアル、あふれ出るB級臭。そんな香ばしい作品がお好みの稀有な方にオススメなのが動画配信サービスです。大作たちに交じってしっかりそんな映画もラインナップに加わっています。レンタル店でこれらを借りる勇気がなくても大丈夫。このサービスなら気軽にネットで視聴できます。抵抗感も少なく、どんな媒体でも見れるので、気になるけどなかなか手がないような作品にぴったりです。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは危険性の塊です。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「インデペンデンス・デイ2017」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『インデペンデンス・デイ2017』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『インデペンデンス・デイ2017』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジャック・ペレス
脚本:PJ・チェスタートン
撮影:ラファエル・レイヴァ
音楽:クリス・リーデンハウアー

★俳優
コリン・ネメック、ホイットニー・ムーア、ネイサン・バトラー、ショーン・ガネル、ソニー・キング、ジェームス・レイク、ジョリーン・アンダーソン

★『インデペンデンス・デイ2017』のREVIEW

IMDb RT Mt
3.1 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
D(う~ん)

★『インデペンデンス・デイ2017』の反応

●Cレポーター  
出ました、勝手に便乗シリーズ。こんなので勘違いするのかよと思ってましたが、今回、便乗本家の作品が久しぶりの続編を作ったので、結構騙された人もいたのではないでしょうか。運が良かったのか、悪かったのか。凄いのはそれでも絶対に便乗をやめない日本の宣伝スタイルです。もうこっちがオリジナルだという自負があるのではないかとさえ思えてきます。人類の歴史が続くかぎり、このシリーズも続いていくのでしょう。目指せ、記念の2100。
●Bジャーナリスト  
壮大なジャケットデザインで連想される、大スケールの作品はありません。そもそも原題は「ドローン・ウォーズ」ですから。出てくるのはドローンなわけです。B級映画でさえも安価でカッコいい撮影ができるようにさせてしまったドローンというアイテム。これを使わない手はない。でも、なぜこうなった。やりたいことをやったのはわかるにしても、もう少しアイディアが欲しかったですね。これなら銃をぶっぱなしたドローン動画の方が愉快です。
●STREAMANGO  
これがインディペンデンスデイか。ん? イン「デ」ペンデンス? そこに気づけたあなたは優秀。おまけにこの映画を100回観る権利をあげましょう。気づけなかった人はこの映画を100回鑑賞した後、100人に推薦しに行ってください。これは人類に宿命であり、拒否すれば地球上の人がドローンによって支配される日が1日早まります。別にいいとか言わないでください。製作者だって真面目なのですから。とりあえず2017年はこの一作です。来年もあるよ。