狂覗(2017)

狂覗

狂覗の本当の意味を知る

劇作家で演出家の宮沢章夫が1998年に発表した「14歳の国」をベースに、中学生たちにまつわる実際の事件などを盛り込み、教育現場で起こる事件に問題提起するミステリースリラー。中学校教師が瀕死の状態で発見され、その犯人が同校の学生である可能性が強まっていた。責任を押し付けられた教師の森は他の教師を招集し、体育の授業で生徒たちが教室に不在の中、秘密裏に抜き打ちの荷物検査を開始する。検査のため招集された4人の教師のひとり、国語教諭の谷野は森の教え子で、教師になってから事故をおこし、教職から遠ざかり、森の手によって職場復帰を果たしていた。5人の教師による荷物検査によって、教師の知らない中学生たちの現実、さらに教師たちの実態も明らかとなっていく中、容姿端麗で成績優秀な万田という女子生徒の知られざる顔が浮かび上がっていく。

原題:狂覗 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年7月22日 / 上映時間:81分 / 製作会社: / 配給:POP

【無料動画】

映画『狂覗』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

有名な俳優が出ている大作や人気作を観るのもいいですが、たまにはインディーズ作品を鑑賞してみるのもユニークな体験ができます。そんなときは、人気も増している動画配信サービスを活用しましょう。特に何の前情報もなしで見てみるのがオススメです。その方が驚きが一気に増します。レンタル店で借りるのもいいですが、DVDでわざわざ借りに行くほどのモチベーションがないこともしばしば。このサービスはすぐに見れるので気軽に視聴開始できます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「狂覗」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『狂覗』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:藤井秀剛
脚本:藤井秀剛
撮影:藤井秀剛
音楽:スビアトスラブ・ペトロフ

★【キャスト】
杉山樹志、田中大貴、宮下純、坂井貴子、桂弘

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.0/5.03.57/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
劇作家、演出家の宮沢章夫が1998年に発表した「14歳の国」をベースに瀕死状態で教師が発見されたところからはじまる。ほぼワンシチュエーションの中、谷野は過去のトラウマがあり、先生たちの視点、見える現実から想像する自分の現実の映像が交差し、ざらついた画質と、様々な色彩の中で幻想的に描かれている。何が真実で幻想なのか、はたまた幻覚なのか、観客の”真実”をまどわしていく。
●映画フリー
シンプルなストーリーの中で、生徒たちのいじめ、教師たちの援交などどこの時代にでもある問題をあぶりだし、しっかり個々の醜い心情に切り込みジワリジワリと少ない人数の中でしっかり感情がぶつかり合い、自然にドラマを生み出していく。タイトルがオチバレではあるが、『狂覗(きょうし)』という造語が「教師」とのダブルミーニングになっていて面白い。
●BILIBILI 
久しぶりにこんな面白いワンシチュエーションスリラーを見た!良質低予算映画!81分という中に凄い内容が詰まった映画。かなり衝撃的。最初から最後までつきまとう、ひたすら不穏な空気。画面がずっと暗い。グロいシーンもいくつかある。後味もあまり良くない。そう終わるんだ、という。救われない。でもそれがリアルで、いい意味で「映画」っぽくなくて良い。荷物検査中に徐々に露呈する、教師一人一人の弱さや人間らしさが面白かった。
●DAILYMOTION
テキトーな気分で見ていたら、予想外にハマった。期待していなかったぶん、予想以上の面白さに得した気分になる。もしまた見ていないという人がいるなら、それは逆にラッキーです。今すぐ鑑賞しましょう。ネタバレはできませんが、かなり面白いです。もちろん低予算なのでアイディア勝負なところが大半。狂覗という言葉が意味することは実際に観ないとわかりにくいので、とにかく中身で判断しましょう。観ないとわからないのがテーマです。