現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

銀魂(実写映画)

空知英秋の人気漫画がまさかの実写化

「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗旬主演で実写映画化。宇宙人に支配された江戸で万事屋を営む侍・坂田銀時と仲間たちの活躍をアホなギャグ満載で描くユーモア満載笑劇。江戸時代末期、宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。天人の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途を辿っていた。そんな中、未だに侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時は、廃れた剣術道場の息子・新八や、戦闘種族である夜兎族(やとぞく)の少女・神楽と出会う。彼らが営む万事屋の周囲では、次から次へと珍妙な事件が巻き起こり、いつも賑やかだった…。

原題:銀魂 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年7月14日 / タイム:130分 / プロダクション: / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『銀魂2 掟は破るためにこそある

【映画予告編】『銀魂』正月特報 監督/脚本:福田雄一 原作:空知英秋/出演:#小栗旬 #菅田将暉 #橋本環奈

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『銀魂』の無料動画は見れる?▼

奇想天外な世界観でノンストップな笑いを届けてくれるギャグ映画は思わず観てしまうような面白さが魅力。そんな作品で爆笑して気分転換したいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。家にテレビやパソコンがない人も心配ありません。AndroidやiPhoneなどスマホで鑑賞できます。加えて、ダウンロード機能によって、本来であればWifi環境がないと通信量を消費するところを一切気にすることなく外出先で鑑賞することもできます。

しかも、スタートはラクチン。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「銀魂」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『銀魂』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『銀魂』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:福田雄一(関連作品:『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』)
脚本:福田雄一
音楽:瀬川英史

★俳優(キャラクター)
小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、新井浩文(岡田似蔵)、吉沢亮(沖田総悟)、早見あかり(村田鉄子)、ムロツヨシ(平賀源外)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、佐藤二朗(武市変平太)、菜々緒(来島また子)、安田顕(村田鉄矢)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、山寺宏一(吉田松陽:声)、山田孝之(エリザベス:声)

★コメント
・橋本環奈「撮影に入る前にアニメ版を観るように言われたのですが、神楽の特徴的な話し方、「~あるよ」のイントネーションが難しかったですね。やり過ぎてもダメだし、普通過ぎても神楽じゃないですから。でも、福田監督が「こんな感じにしてみよう」と言ってくれたので、監督にゆだねている感じでした」

★『銀魂』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.4 2.60 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『銀魂』の反応

●無料ホームシアター 
実写化して大失敗した少年漫画の死体の山を乗り越えて、なぜかさらっと実写化という難関を突破してしまった「銀魂」は、やっぱりこのシリーズ特有の何でもありな空気感が観客も「まあ、これならOKだろ」とハードルを低くしてくれているのかもしれない。小栗旬にいたってははまり役で、今までコメディキャラだと散々な結果を残してきたこの俳優の才能が活かせる場になったし、橋本環奈の吹っ切れたバカ演技もここでのみ見れる芸としては一興。
●Sアナリスト 
この作品ならコスプレ大会になっても許せる不思議。そもそも原作漫画自体がコスチュームっぽい奇抜で浮いた感じになっているので、全然実写でも問題ない。話は前半はひたすらふざけて後半はシリアスに…というオリジナルと同じノリ。世界観の再現は予算的にキツイのではと思ったけど、案外そこは工夫でカバーしている。あとはどれだけ攻めたキワドイネタをできるかと、アクションのキレの問題だと思うが、まだまだその部分は様子見な感じ。