ディストピア パンドラの少女

ディストピア パンドラの少女

この少女は危険者か、それとも救世主か

M・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を著者自身による脚本で実写映画化したSFスリラー。近未来、ウィルスのパンデミックによってほとんどの人類が凶暴な「ハングリーズ」と化し、生き残ったわずかな人々は壁に囲まれた安全が確保された基地内で暮らしていた。そのなかでもイングランドの田舎町にある軍事施設には、ウィルスに感染しても見た目が変わらず思考能力も保ち続ける「セカンドチルドレン」たちが収容され、彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われている。ある日、その子どもたちの中に特別な知能を持つメラニーという名の少女が出現し、事態が動き出す。

原題:The Girl with All the Gifts / 製作:イギリス・アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年7月1日 / 上映時間:111分 / 製作会社:Altitude Film Sales / 配給: / 製作費:500万ドル / 興行収入:

【無料動画】

パンデミックにより人類が凶暴化…『ディストピア パンドラの少女』本予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

ジャンルと言えばある程度定番のストーリーがありますが、その王道をあえて外すような作品は面白いものです。そんなトリッキーな映画を楽しみたい人は、動画配信サービスを使ってみましょう。このサービスの面白いところは、レンタル店ではまずありえないさまざまな機能です。例えば、ダウンロード機能は、通信制限をどうしても気にしてしまうユーザーにとって最高の便利さであり、通信量を消費することなく動画が楽しめます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ディストピア パンドラの少女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ディストピア パンドラの少女』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:コーム・マッカーシー
脚本:マイク・ケアリー
撮影:サイモン・デニス
音楽:クリストバル・タピア・デ・ビール

★【キャスト】
ジェマ・アータートン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズ、セニア・ナニュア

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.7/1084%67
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.03.32/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ゾンビ映画に新たな傑作が!と個人的には手放しで称賛してしまったのが本作。ロメロ型のゾンビ映画はどちらかと言えば社会風刺。ゾンビはその時代の恐怖のメタファーだった。しかし、本作は全く新しい役割をゾンビに与えたのである。これは画期的ではないか。単に恐怖の象徴として怖がっているだけではダメというメッセージ。その背景にあるのはやはり現代の社会情勢。テロに怯える社会で、悪を消し飛ばす発想は時代遅れだし、未来は作れないのだ。
●SPACEMOV 
新鮮で後にも先にもない唯一無二のゾンビ映画のように思いました。序盤の拘束された子供達の一人がこの物語の主人公で、彼女の行動や発言がこの映画の最大の魅力の一つ。人間として生まれてこれなかった自身の境遇に「苦しみ」も生まれたが、他にもゾンビに怯えない彼女だからこその考えも生まれてきた。ラストは人類の社会を発展させるために欠かせないことをしているシーンとなる。きっとその先に待つのはディストピアではないだろう。
●DAILYMOTION 
序盤の得体の知れない恐怖が渦巻く雰囲気はシチュエーションスリラー的。そこからの舞台の開放化。そして怒涛の逃走劇。このスピード感が本当にスリルで楽しい。その後は謎の少女を通した、不思議な共生関係が描かれる。ゾンビは倒すものという勧善懲悪から脱したシナリオは完全に原作勝ちであり、その映画化の本作も大成功している。ただのエンタメではないゾンビ映画を観たいなら、この映画は選択肢に入れておくべきだ。衝撃を約束する。