ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

国際結婚を果たした私たちの出会いを語ります

Facebookでの出会いを通じて国際結婚した日本人男性と台湾人女性の実話を映画化。原作は、2人の遠距離恋愛や結婚生活をつづり、32万人以上のファンを持つFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」をブログにまとめ、後に書籍化した「ママは日本へ嫁に言っちゃダメと言うけれど。」。日本のドラマやアニメが大好きで、大学では日本語を専攻している台湾の女性リン。ある日、彼女のFacebookに、モギという名の日本人青年からメッセージが届く。モギは、震災の復興支援で日本に友好的な台湾に興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送っていた。これをきっかけにFacebook上で交流を始めた2人の仲は、急速に縮まっていく。

原題:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。 / 製作:日本・台湾(2016年) / 日本公開日:2017年5月27日 / 上映時間:94分 / 製作会社: / 配給:朝日新聞社、アティカス

【無料動画】

ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。PV第二弾

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

いろいろな苦難の壁が立ちはだかる人生の一幕を切り取ったヒューマンドラマは身近で親近感を感じる魅力があります。そんな温かい作品を観たいときは、動画配信サービスを上手く利用してみましょう。これはウェブサイト上でネット配信というかたちで映画が観られるサービスです。配信は2種類。まず単品で料金を払って視聴するタイプ。次に見放題で月額や年額の料金で好きなだけ対象作品が見られるタイプ。どちらを利用できるか確認しましょう。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:谷内田彰久
脚本:野村伸一
音楽:常田大希

★【キャスト】
ジエン・マンシュー、中野裕太、ワン・サイファー、蛭子能収、リン・メイシュー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.93/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
国際交際結婚までの過程を描いたお話。大学で日本語を専攻する台湾の女の子と草食系?日本人男性がフェイスブックを通して出会い、交流を深めていきます。時間が短いので物語はかなりスピーディーに展開。お互いが惹かれていく様子は言葉より音楽で表現されているけど、分かりやすくて見やすい。途中一回会っただけのリンちゃんが元カレの話をFacebookに上げてるからって、連絡無視するモギさんの重さには?ですが、それはご愛敬で笑。
●映画フリー
最後のオチまで面白かったです。リンちゃんの天真爛漫さが溢れる表情とカタコト日本語が可愛すぎ。中野裕太さんは新宿スワンの胸糞役以来でしたが、今回は優しい役で良かったです。えびすさんとリンちゃんのお母さんも良かったです。全体的にアットホームで気持ちのいい作品でしたし、いろいろ苦労はあるけど、挫けずに頑張っている姿には好感が持てます。好きになれる一作なのでまだ何度でも観たいですね。
●BILIBILI 
リンちゃんの可愛らしさは抜群!登場人物も皆個性的で、台湾の人の暖かく人懐こい気質がよく描かれていて気持ちが温かくなりました。そして私は茂木さんにも共感するところも沢山!SNSでの会話シーンがテンポよく、観光の風景が実に自然で、一部ロードムービーのような感じもありました。全体の中で緩急の変化が楽しめます。台湾女優が演じる明るく透明感あるヒロインの魅力が軽妙なラブストーリー展開に華を添えて、あっという間の100分。
●VIDEOEYNY 
この二人の世界、微笑ましくて羨ましいかぎり。恋愛って素晴らしいねって感じますね。音楽がよくて、綺麗な映像でほんと素敵な映画でした。「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」はかなり幅広い人にお勧めできる映画です。タイトルが長いし、なんか本みたいですが、話は映画としてまとまっていて面白いです。あまり関係ない話題だと思っていた自分が恥ずかしいと思ったりもしました。