グレート・ディベーター 栄光の教室

グレート・ディベーター 栄光の教室

デンゼル・ワシントン渾身の感動作

黒人教師メルヴィン・トルソンの実話を基に、ディベートを通じて差別に立ち向かう教師と生徒たちの勇気溢れる行動を描く感動ドラマ。1935年のアメリカ、テキサス州マーシャル。人種差別が色濃く残るこの街には「白人専用」施設があふれ、黒人たちは虐げられていた。この歪んだ社会を正す方法は「教育」だけ。そう信じる教師トルソンは、黒人の若者に立派な教育を施すという夢の実現に向け、ディベート(討論)クラスを立ち上げる。そして、彼の熱意に触発された、勇気ある生徒たち。やがて討論大会に出場し始めた彼らは、黒人というだけで経験してきた悲しい過去や秘めた怒りを「言葉」という武器に託し、大勢の観客たちの心を動かしてゆく。だが、彼らの活動が、人々の注目を集め始めていた矢先、トルソンの言動を「過激すぎる」と問題視した学校側は、ディベート・クラスにまで圧力をかけ始める。メンバー達は指導者のトルソンを欠いたままディベートにのぞむことになるが…。

原題:The Great Debaters / 製作:アメリカ(2007年) / 日本公開日:2012年4月(DVDスルー) / 上映時間:128分 / 製作会社:Harpo Productions / 配給:

【無料動画】

グレート・ディベーター 栄光の教室(字幕版)(プレビュー)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

日本ではあまり日の目を浴びなかった作品でも隠れた名作というのは存在します。そんなレアで素晴らしい作品を観たいときは、動画配信サービスを探してみましょう。このサービスは新作や大作ばかりのイメージもあるかもしれませんが、実はかなりマイナー作品も多数扱っており、その中には非常に評価の高い作品も隠れています。スルーしている人も多いですが、見逃すにはもったいない作品なので、注目しておくとさらなる面白い映画に出会えるでしょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「グレート・ディベーター 栄光の教室」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『グレート・ディベーター 栄光の教室』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:デンゼル・ワシントン
製作総指揮:デヴィッド・クロケット、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本:ロバート・エイゼル
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ピーター・ゴラブ、ジェームズ・ニュートン・ハワード

★【キャスト】
デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィテカー、デンゼル・ウィッテカー、ネイト・パーカー、ジャーニー・スモレット、ジャーメイン・ウィリアムズ、ジーナ・ラヴェラ、ジョン・ハード、キンバリー・エリス、デヴィン・タイラー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.6/1079%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
論破という言葉があるが、それを実践してしまった実話である。白人による黒人への暴力に対してディベートで応戦する。注意しておく必要があるのは、論破と言っても相手を勢いで押しまかすわけではないということだ。相手に寄り添い、耳を傾けつつ、自分の意思を伝える。前提は他者への尊敬がある。それでも相手を言葉で責めることがメインだと勘違いしている人が多いのは悲しい。真の討論ができてこその「グレート」の名を冠するにふさわしい。
●OPENLOAD  
教師役のデンゼルワシントン! この人に任せておけば安心。絶対に名演を見せてくれる。カリスマ性、知性、優しさ、そして若干の得体の知れない感。この人は普通に政治家向きじゃないかという気もする。言葉の重みや深みを今一度原点に立ち返って教えられた大事なドラマであり、人種問題を扱っているが、それ自体だけでなく、普遍的なコミュニケーションの大切さを描くものでもあった。「敵は存在しない」「私の言葉は真実だから」心に響く。