現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ザ・ディスカバリー

死後の世界が科学的に証明されたら…

死後の世界が発見された後の世界の人々を描く異色のSFサスペンス。科学者のトマス・ハーバーは1年前に死後の世界を発見し、それを公表するが、それ以来、死後の世界に希望を見出した人たちによる自殺が大流行してしまう。それでもなお研究を続けるトマス・ハーバーに反発する息子は、1人の女性と出会い恋に落ちるが…。

原題:The Discovery / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年3月(Netflix配信) / タイム:102分 / プロダクション:Endgame Entertainment / 配給:Netflix


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT×】
LINK4【Hulu×】
LINK5【TSUTAYATV×】
LINK6【Videopass×】
LINK7【dTV×】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼Netflix(1か月無料)

▼『ザ・ディスカバリー』の無料動画は見れる?▼

世界で最も勢いのある動画配信サービスはNetflix(ネットフリックス)ですが、その理由は幅広いラインナップもさることながら独自のオリジナルコンテンツも人気の理由です。どうしてもこのネット配信はどの会社も似たり寄ったりな作品になってしまうのですが、そんななかでもNetflixのオリジナリティは一際輝いています。その独占配信作品はチープなものではなく、評価の高い作品も多く、独創的な作品がたくさん生み出されています。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ザ・ディスカバリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ザ・ディスカバリー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ザ・ディスカバリー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:チャーリー・マクダウェル
脚本:チャーリー・マクダウェル、ジャスティン・ラダー
撮影:ストゥルラ・ブラント・グロブレン
音楽:ダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズ

★俳優
ジェイソン・シーゲル、ルーニー・マーラ、ジェシー・プレモンス、ライリー・キーオ、ロン・カナダ、ロバート・レッドフォード

★『ザ・ディスカバリー』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.3 46% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『ザ・ディスカバリー』の反応

●映画の無料動画で夢心地 
ニコラス・ホルトが本作の主人公を演じるはずだったがスケジュールの都合で降板したという裏話。これニコラス・ホルトとルーニー・マーラだったら飽きずに最後まで見ていたかもしれない作品。もちろん、飽きずに最後までは見たんですが。金髪も美しいルーニー・マーラがいい感じ。アイラという名前も可愛くて、とても似合っていたなあ。アイラ本人は違和感を感じていたみたいだけれど。結構、もっと見ていたかったなと思える一作でした。
●Mコメンテーター
3歳までは皆名前と人が一致していて、4歳から違和感が出始めるという会話が何だか面白かったです。まず設定がいいのですよ。最初は「どういうこと?」となる。死後の世界をそうやって証明するの。本当にありうるの。じゃあ今の世界の立場はどうなるの。そのへんの疑問は一切説明されない。ここに驚き。ショックを隠せない。さらに映画は全然違うベクトルに向かって突き進む。そういうオチはネタバレ禁止だが、口に出したくてたまらない。
●SPACEMOV 
死んだら別次元で生きていけるという研究が立証され、自殺が急増してしまった世界。博士は姿を消したが、研究を続けていた。彼の次の目的は死後の世界の映像を入手すること。実験は成功したが、その映像が映すものは、果たして何なのか。死後の世界が確約されたところで、自殺者が増えるってみんなどれだけ人生を悲観しているんだとびっくりです。しかも次の人生が今より良くなる保証なんかないのに。嫌になったら、また自殺するのかな?
●シネマソムリエ
オチはSFでは珍しくはない展開で、やや強引。海外の方が考える死後の世界って、新鮮です。日本人だとあれです。地獄と天国が分かれて、明確にあの世に行くには三途の川を渡るというイメージさえあるから、意外に具体的になっているから、あまり憧れる人はいないかも。欧米はそんなに死後に夢を持っているのかな。「ディスカバリー」というタイトルどおり、発見してしまったのは秘密の世界の仕組み。そのからくりは死後よりも凄い。