アメリ(2001)

アメリ

愛らしく、幸せになれる映画

パリ・モンマルトルを舞台に、パリジャンの日常を描き、フランスで国民的大ヒットを記録した華やかなドラマ。神経質な両親の元で育ち、空想の中で遊ぶこととこっそり悪戯するのが得意になったアメリ。22歳になり、モンマルトルのカフェで働く彼女は、青年ニノに出会って心ときめく。恋の感情にすっかり気分が高揚していくが、どうしたらいいか分からず、あの手この手の手段を仕掛ける。

原題:Le fabuleux destin d'Amélie Poulain / 製作:フランス(2001年) / 日本公開日:2001年11月17日 / 上映時間:121分 / 製作会社:Canal+ / 配給:アルバトロス・フィルム / 製作費:1000万ドル / 興行収入:1億7300万ドル

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

独創的なタッチで観客を新鮮な世界に飛び込ませてくれる映画はとても楽しいものです。そんなファンタスティックなリアリティを突破するドラマを楽しみたいときは、動画配信サービスを使ってお得に鑑賞しましょう。これはネット配信なので、見たいと思ったときにすぐに視聴開始できます。さらに古い作品でも探すのは簡単で、入手困難でも気になりません。人気だった有名作だけど、実はまだ観ていないという人もこれを機に初鑑賞できます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「アメリ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『アメリ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
脚本:ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ヤン・ティルセン

★【キャスト】
オドレイ・トトゥ、マチュー・カソビッツ、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ、イザベル・ナンティ、ドミニク・ピノン、リュファス、ミシェル・ロバン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.3/1089%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第74回アカデミー賞で脚本賞、外国語映画賞、撮影賞、美術賞、音響賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
これでフランス映画を知ったという人も多いのでは。アメリ扮するオドレイ・トトゥの不思議な魅力とジャン・ピエールジュネ監督の原色色彩感にすっかり魅了され、こういう個性の強い映画ばかりを探し求めるようになりました。アメリのサントラをよく聴いたせいか、今でもすぐ脳内リピートされるほど、洗脳されました。ミニシアタームーブメントを牽引していた象徴的な作品であり、末永く愛されてほしいものです。いつまでも輝きながら。
●DAILYMOTION 
アメリが本当に可愛過ぎ。フランス映画の性的描写が特に苦手で避けて生きてきたけど、本当に髪型を真似したくなるくらいアメリが可愛くてキュートで愛おしい。アメリの想像力が羨ましいと思いながらもイタズラをされている人のことをを考えるとなんとも言えない気持ちも沸き上がりますが、そこはフィクションですから許して。美術設計や何気ない会話に組み込まれた綿密な心情表現など監督のこだわりが素晴らしく、何度でも見て満足できます。
●STREAMANGO 
アメリワールドをどこまで受け入れられるかで、その人の人間包容力が試される気がする。映画というマジックにリアルでツッコミを入れてしまう人は間違いなくデートには不向きだ。絶対にこんな女、気持ち悪いよねと口に出してはいけない。そんな発言をしたら、ああこの人はそういう人かと見下される。あくまで映画は演出にすぎないし、いたずらの数々もオーバーな感情表現を示す仕掛けなのだから。イチイチ怒っていたら疲れるだけです。