たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛

日本映画史に残る時代劇の傑作

殺伐とした幕末の世、子持ちの寡男である下級武士の生き様を描いた時代劇。幕末、庄内・海坂藩の下級藩士・井口清兵衛は、妻に先立たれた後、幼いふたりの娘と年老いた母の世話、そして借金返済の内職の為に、御蔵役の勤めを終えるとすぐに帰宅することから、仲間から”たそがれ清兵衛“とあだ名されていた。ある日、かつて想いを寄せていた幼なじみで、酒乱の夫・甲田に離縁された朋江の窮地を救ったことから、剣の腕が立つことを知られた彼は、藩命により上意討ちの手に選ばれてしまい、戦いに身を投じていく。

原題:たそがれ清兵衛 / 製作:日本(2002年) / 日本公開日:2002年11月2日 / 上映時間:129分 / 製作会社: / 配給:松竹

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

国内のみならず世界的にも高く評価されている時代劇映画は一度でいいから見てみたいものですが、なかなか手が届きません。そんなときは動画配信サービスを使ってお得に見ましょう。これはネット配信なので、古い作品でもそこまで探すのに苦労することはありません。観たいと思ったら、ウェブサイトにアクセスし、すぐに視聴を開始できます。登録も簡単なのでまだ利用したことがない人でも、簡単に入ることができるので安心してください。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「たそがれ清兵衛」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『たそがれ清兵衛』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:長沼六男
音楽:冨田勲

★【キャスト】
真田広之、宮沢りえ、田中泯、岸惠子、伊藤未希、橋口恵莉奈、草村礼子、丹波哲郎、小林稔侍、大杉漣、吹越満、深浦加奈子、神戸浩、中村梅雀、嵐圭史、尾美としのり、桜井センリ、赤塚真人

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1099%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第76回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート。
第26回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、音楽賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画フリー
出世欲のない下級侍のお話し。劇的なストーリーというわけではないけど、山田監督のならではの寄り添うような生っぽい心情表現は上手いので、自然とストーリーにもグイグイ引き込まれる。家族や好きな人との関係も温かい。藩命令による討入りシーンは、相手役の方の漂うオーラも凄まじく見応えあり。それでいて、ただの人情時代劇と思わせておいての後の展開は、観客をあっと驚かせ、安心させていたところに冷や水をぶっかける衝撃がある。
●BILIBILI  
これと「鬼の爪」と「武士の一分」、実はストーリー的には「鬼の爪」が一番好きなのですが、この三作品を並べると本作は群を抜いているかもしれないです。うだつの上がらない貧乏侍、しかし実は凄腕の使い手のお話に、ロマンスとアクションをバランスよく配置したナイスな娯楽映画でありながら、日本人の根源にある美徳が凝縮されて、監督らしい視点も目立っていました。やはり邦画も面白いと思わせてくれた記念すべき作品になりました。
●VIDEOEYNY  
日本人の素朴さというか、慎ましやかさというか。昔ながらの日本の大事にしてきた価値観でガチガチに固められながら穏やかな心情変化などに身をゆだねるドラマでした。武士の時代も終わりに差し掛かり、武家制度の黄昏時、武士らしさを失わず、礼儀正しく奥ゆかしく、仁義に堅く感情を表に出さず、でも思いやりも持ち合わせる。おそらく日本人の理想であり、体現者でもある存在。それを映画化することはいつになっても続くでしょう。