テルマエ・ロマエ(1作目)

風呂に入ってタイムスリップ

「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリの同名コミックを阿部寛主演で実写映画化。古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ。生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウスは、ふとしたきっかけで現代日本にタイムスリップ。そこで出会った漫画家志望の真実ら「平たい顔族(=日本人)」の洗練された風呂文化に衝撃を受ける。古代ローマに戻るとそのアイデアを用いて斬新な浴場を次々と製作し、話題となったルシウスは、時の皇帝ハドリアヌスからも絶大な信頼を寄せられるようになるのだが…。

原題:テルマエ・ロマエ / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年4月28日 / タイム:108分 / プロダクション: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:59.8億円 / 次作:『テルマエ・ロマエII

テルマエ・ロマエ(プレビュー)

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『テルマエ・ロマエ』の無料動画は見れる?▼

個性豊かなキャラクターで観客の心を一気に掴んでしまうユーモア作は何度見ても面白いものです。そんなコミカルな映画を楽しみたいときは、動画配信サービスがオススメです。このサービスはさまざまなメリットがありますが、そのひとつに俳優で検索できるものがあります。出演した役者の関連作をどんどん調べられるので視聴が止まりません。さらに観る媒体も選べるので、スマホでしか見れない人でも問題ありません。

しかも、スタートはラクチン。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「テルマエ・ロマエ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『テルマエ・ロマエ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『テルマエ・ロマエ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:武内英樹
脚本:武藤将吾
撮影:川越一成
音楽:住友紀人

★俳優
阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢

★『テルマエ・ロマエ』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.4 3.57 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『テルマエ・ロマエ』の反応

●無料ホームシアター
ローマ人を演じさせるのに顔の濃い人を集めた作品だとは聞いていたけど、かなり良い味出してました。わざとやってる感と本気でやってる感も適度にあって、コメディとしてすっきり見れました。紹介だけ見て気になっていたのは、日本人が外人を演じる違和感をどれだけごまかせるかですが、これは見ての通りです。コメディなんですから、ホントにローマ人というわけには行かないのは当たり前ですから。全く問題ありません。
●Cレポーター 
コメディとして良質。違和感はうまくカバーされていましたね。まさか原作でこれを想定はしていなかったでしょうから。私は違和感無しで見ていました。阿部寛が現代に来た時の振る舞いもなかなか研究されていたのだと思います。市民と奴隷の階級が思考の前提となっていたり、トイレのドアなんかもちろん閉めませんし、布を必ず肩からかけていたり、コメディの中に本気があって、その点が笑えるポイントの一つでした。
●Sアナリスト 
古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウスが現代日本にタイムスリップしてしまった事から、現代日本の風呂技術に驚きながら奮闘葛藤する姿を描くファンタジー映画。冒頭での無理やりのタイムスリップで、ドン引きするかと思いきや、それを凌駕して余りある勢いとノリで、それこそ「斬新なアイデア」で物語に引きこまれました。個人的には、お姫様抱っこで浮かれている真実をルシウスがあっさり落とすシーンが1番笑えました。最近の西洋では、お風呂に浸かる文化がほぼ無くなってしまっているが、この映画がローマ帝国があったイタリアで上映されたのをきっかけに、西洋のお風呂文化が見直されたら面白いですね。