パトリオット・デイ

パトリオット・デイ

その決断が危機を奇跡に変える

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側をマーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグで映画化。捜査関係者や犯人、被害者の市民など事件に関わった多くの人々の動きをたどりながら、事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を刑事の視点からサスペンス満載で描く。2013年4月15日。ボストン警察の殺人課に所属する刑事トミーは、 「愛国者の日(パトリオット・デイ)」に毎年開催されるボストンマラソンの警備についていた。50万人の観衆で埋め尽くされて通りの盛り上がりが増す中、トミーの背後で突如として大きな爆発が発生。一体は煙と叫びに包まれ、トミーらボストン警察の面々は混乱の中で必死の救護活動に取り組む。そんな中、現場に到着したFBI捜査官リックは、事件をテロと断定。捜査はFBIの管轄になるが、犯人に対し怒りを隠せないトミーは、病院に収容された負傷者たちから丁寧に事件前後の話を聞いていく。やがて、監視カメラに映っていた「黒い帽子の男」と「白い帽子の男」が容疑者として浮かび上がる。

原題:Patriots Day / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年6月9日 / 上映時間:133分 / 製作会社:Closest to the Hole Productions / 配給:キノフィルムズ / 製作費:4500万ドル / 興行収入:5000万ドル

★【スタッフ】
監督:ピーター・バーグ(関連作品:『バーニング・オーシャン』)
製作総指揮:エリック・ジョンソン
脚本:ピーター・バーグ、マット・クック、ジョッシュ・ゼッツマー
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:トレント・レズナー、アティカス・ロス

★【キャスト(キャラクター)】
マーク・ウォールバーグ(トミー・サンダース)、ケビン・ベーコン(リック・デローリエ)、ジョン・グッドマン(エド・デイヴィス)、J・K・シモンズ(ジェフ・ピュジリーズ)、ミシェル・モナハン(キャロル・サンダース)、アレックス・ウルフ(ジョハル・ツァルナエフ)、マイケル・ビーチ(ディーヴァル・パトリック)、メリッサ・ブノワ(キャサリン・ラッセル)、カンディ・アレキサンダー、レイチェル・ブロズナハン

【無料動画】

映画『パトリオット・デイ』本予告(6/9全国公開)

(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.4/1081%69
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.04.00/5.003.9/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
92%79点??点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【雑学(トリビア)】
・主演のマーク・ウォールバーグは、舞台となったボストンの出身である。
・実際のニュース放送の映像が劇中で活用されている。

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年7月1日) 
アクション映画として、刑事ドラマとして最高に面白かった。実際のテロの映像と見間違える位の、テロシーンの恐ろしさ、100時間余りで犯人を捕まえる為の捜査、出来事、7割位の真実と、フィクション3割のエンターテイメント。非常に上手い配合である。夜間の住宅での銃撃戦や爆発も、知らなかったし、終息まで初めて知った事も多く面白かった。調べたら結構の場面が史実に基づいたものだと知ってさらに驚いた。
映画FUN (2017年7月6日) 
この監督の作品の中では一番観やすかった気がする内容。まるでドキュメンタリーを観ているようなリアルすぎる映画。ニュースで知ったつもりになっていた事件が、加害者、被害者、捜査する人々、それぞれの視点で丁寧に描かれている。残酷な事実に息が詰まりながらも目をそらせなかった。こんな事件が世界中で起こっているのですよね。そして日本でもいつ起こってもおかしくない…。この映画から学ぶべきことはたくさんあるはずでしょう。
SPACEMOV (2017年7月9日) 
フィクションという皮を脱ぎ捨てて極限のリアリティを追求していくと逆にフィクションに見えてしまうのだろうか。こんな事が当たり前の生活を送っている人々が暮らす場所で発生するなんて。その衝撃はきっと当事者は別次元で響いているのだろう。自分の身近な日常が崩壊する瞬間を経験したことがない私にとって、この映画が最も心を揺さぶられる体験だった。世界中で起こり続けているテロは毎回この衝撃をもたらしているのかと思うと…。