ハードキャンディ

ロリコンは死すべし

サンダンス映画祭で斬新なアイデアと過激な描写が話題を呼んだサスペンス・スリラー。出会い系サイトで出逢った14歳の少女、ヘイリーと32歳のカメラマン、ジェフ。3週間のチャットを続けた結果、ジェフはヘイリーを自宅へ誘い込むが、いつの間にかヘイリーが作り上げた罠にかかっていた…。

原題:Hard Candy / 製作:アメリカ(2005年) / 日本公開日:2006年8月5日 / タイム:103分 / プロダクション: / 配給:クロックワークス、ファントム・フィルム

ハードキャンディー

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『ハードキャンディ』の無料動画は見れる?▼

普通のストーリーに飽きたという人はさらに刺激的なものを鑑賞してみませんか。動画配信サービスには、そんな通常の常識を覆すような展開が待つ映画がたくさんあります。これはネット配信なので、さまざまなメリットも多数あります。例えば、視聴メディアは自由に選べます。スマホで観たければそれでOKですし、そのあと家でパソコンで見ることも可能です。他にも、タブレットやテレビなど、ネット環境さえあれば好きに選択ができて便利です。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「ハードキャンディ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ハードキャンディ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ハードキャンディ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:デビッド・スレイド
脚本:ブライアン・ネルソン
撮影:ジョー・ウィレムス
音楽:ハリー・エスコット、モリー・ナイマン

★俳優
エレン・ペイジ、パトリック・ウィルソン、サンドラ・オー、ジェニファー・ホームズ、ギルバート・ジョン

★『ハードキャンディ』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.1 68% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.2
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ハードキャンディ』の反応

●Mコメンテーター
かなり際立った過激な話ですが、映画ですからご愛敬。性欲、欲望にまみれた男がたった14歳の少女に追い詰められるというのは、フィクションではあっても描きたくなる話じゃないですか。しかもそれを演じるのがエレン・ペイジですからね。今まで散々可愛らしい魅力で観客を魅了してきた彼女が牙をむく。インパクトは絶大です。ほぼ登場人物2人だけの密室劇だけど、画の撮り方が綺麗で印象的。この監督の今後の作品にも注目したい。
●Cレポーター
本作品に対し、批判的な感想は逆に本作を褒めることになる。不快・不愉快に思うことは本作が素晴らしいものであると褒め称えることになる。本作の全体的な最大の面白さというのは、男の醜さであると思う。そこもしっかり演じきったパトリック・ウィルソンもまた素晴らしい。作り手の問題意識をもうすこし鮮明にしてほしかった部分もありますが。単なるエンタテインメントとして割り切るなら、とても楽しめる映画だと思います。
●Sアナリスト
あんまりこの映画で社会問題をどうこう議論するタイプの作品じゃないでしょうね。あくまでジャンル映画として単純に楽しめればいいでしょう。リアルで考えると「いやいやそれは無理でしょう」とか「そこまでやったらアウトdしょう」というツッコミがどうしてもできてしまうし。当座しのぎのやり方にせよ。世界にいるであろう、変態たちに死をという意味でのここまでケレン味のある爽快さはわかるし、それだけみれば100点をあげたいのですが。
●VUDU
赤頭巾ちゃんが張った罠にかかる狼。小児愛好者への警鐘なんだけど、女の子のやり方が不味すぎて全く共感できないくらいのオーバーリベンジ。これはむしろ少女へのイメージダウンになるだけだよね。だってある意味、危ない異常者よりも少女の方がサイコパスになってしまっているもの。エレンペイジの可愛さで救われるのがせめてもの助かる部分だけど、そのつもりで観るなら他にもっと彼女が輝いている名作がいっぱいあるのでそっちを勧めるかな。