セックス イズ ゼロ

セックス イズ ゼロ

変態だと思われても諦めきれない!

韓国で430万人を動員する大ヒットを記録した痛快でおバカなエロティックコメディ。兵役を終えてソンジョン大学に入学したウンシクは、海兵隊の先輩ソングクにそそのかされて大道芸サークルに入部する。ある日、ウンシクはたまたま出会ったエアロビクス部の人気者ウンヒョにひと目惚れする。すっかり彼女に夢中になったウンシクだったが、ひょんなことからウンヒョに思いっきり変態扱いされてしまう。ウンシクのピュアな想いは彼女に届くのだろうか…。

原題:色即是空(Sex Is Zero) / 製作:韓国(2002年) / 日本公開日:2005年6月(DVDスルー) / 上映時間:98分 / 製作会社: / 配給: / 次作:『セックス イズ ゼロ2』

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

どこの国でも欲望が駄々洩れの青春を描くコメディは作られて愛されています。そんなユーモアたっぷりの大人のエロティック・ドラマを楽しみたいなら、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信ということで、レンタル店でDVDを借りる場合と大きく違って、一切人目を気にすることなく、自分の家の中だけで視聴を完結できます。スマホでも見られるので、プライベートな空間で作品動画を何度もじっくり楽しむならこれしかありません。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「セックス イズ ゼロ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『セックス イズ ゼロ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ユン・ジェギュン(関連作品:『TSUNAMI ツナミ』)
脚本:ユン・ジェギュン
撮影:キム・ヨンチョル

★【キャスト】
ハ・ジウォン、イム・チャンジョン、チョン・ミン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.7/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
韓国の実にマヌケでおバカでエッチなコメディで、基本的なドラマはだいたい下品。なので感動とかそんなものは期待してはいけない。頭の中が男子高校生で止まってて、もうそれを映画にしたらこんな感じっていう映画です。韓国はこういう童貞くさいやつのドラマが好きだよね。エアロビクスにムラムラするのはどこの国の男子も同じなんだなぁ。エンドロールにNGシーンが挟み込まれるんですけど、みんな笑っちゃって進まないんですよね。
●映画FUN 
エンドクレジットがいい。楽しそうで笑いが絶えない感じ。そんな現場も楽しそうな雰囲気を見たら余計に好きになってしまいます。中身もギャグのオンパレードでしょうもないことをしているだけですし。察しのとおり、くだらない下ネタを連発しているのですが、でもバカにはできない。なぜなら普段の一般ピープルもこんなものですから。素直に見てしまえば「なんだ私たちか」となるホームビデオ感。腐っていようとなんであろうとエロが命なんです。
●BILIBILI 
ハ・ジウォンが非常に可愛くピチピチしている作品で、それだけでごちそうさまでしたとなる。愉快な仲間たちと連発されるエロネタのユーモアセンスも凄い。ほんとくだらないものばかり。でもなんだろうか、憎めない。ヒロインに変態扱いされるのもやむを得ない感じだが、あそこまで見下されてもひたすらめげないのはむしろ尊敬する。それはあくまで主人公がピュアで、決して女性を卑下することはしていないからだろう。
●DAILYMOTION
今やドル箱監督ユン・ジェギュンの、15年ほど前のちょっとHなラブコメで、もろにテンプレなドタバタ感満載で送っているドラマです。愉快な仲間たちと連発されるエロネタのユーモアセンスがもうアホでアホで。実に楽しそうに笑っているし、当然観客もニンマリ。それは下世話な意味ではなく、「アホだな~」という感じ。バカ殿みたいなH喜劇も多いけど、韓国のコレはちゃんとストーリーになっているので、そこも楽しめるのは素晴らしい。