チェリーについて

チェリーについて

少女はポルノの世界に入り込んでしまった

ポルノ業界に足を踏み入れた少女を主人公に描いたエロティック・青春ドラマ。実家を出てサンフランシスコにやって来た18歳のアンジェリーナは、元ポルノ女優の監督マーガレットとの出会いをきっかけにポルノ業界に身を投じていく。やがて、アンジェリーナはドラッグ中毒の弁護士フランシスと恋に落ちるが…。

原題:About Cherry / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年2月9日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス

【無料動画】

『チェリーについて』予告動画

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

人間の欲望をそのままストレートに描き出した無垢な作品は恥ずかしさとは別の好奇心を引き立てられ、思わず観てしまいたくなります。そんな映画をたっぷり観たいときは、動画配信サービスを効果的に利用しましょう。これはネット配信なので、普段人目を気にして借りづらくなってしまうような作品も、一切心配なしで視聴できます。もちろん家で見る時はプライベートな空間で作品動画を邪魔されずに鑑賞できるので問題なしです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「チェリーについて」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『チェリーについて』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スティーブン・エリオット
脚本:スティーブン・エリオット、ローレライ・リー

★【キャスト】
アシュレイ・ヒンショウ、ジェームズ・フランコ、ヘザー・グラハム、デブ・パテル、リリ・テイラー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
4.8/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
主演を務めたのは今回が映画初主演となるアシュレイ・ヒンショウで、本作の初々しくも大胆なヌードと繊細な演技で一躍脚光を浴びた若手女優です。女流監督(カメラマン)を『5デイズ』のヘザー・グラハムが演じているが、アシュリーよりも美しくて見飽きない。そして、ヘザーはレズビアンでアシュリーと結ばれ、そのアシュリーも結末では別の才能が開花して大出世の幕引きは、ある種のカタルシスが生み出されます。美しいけど儚いな。
●映画FUN
「チェリーについて」という邦題も、ほとんど原題の直訳ですが、なかなか味わいがある良いタイトルだと思います。仲で優しい男友達、麻薬に溺れる恋人の弁護士、アル中の母親、それぞれ悩み持ちながらも頑張って生きている人もいる中、今作の主題はひとつ。女というには未熟な存在の揺らめきである。お金より愛。他人には素直な言葉にしなきゃ伝わらない。人を疑う心。夢を持つ前に簡単に諦めない。体を安売りしない。それって理想なのか。
●BILIBILI
主人公の生き様を描いて飽きさせないけど、どうやって終わるんだろうと思っていたら、なるほど、こんな感じで終わるんですね。アシュリーの裸は本当に芸術品のように美しかった。脱がなくて綺麗です。美人の主人公はヌード写真からスタート、ポルノ映画と絵に描いたような道を歩む。例えそういう世界に足を踏み入れようとも、堂々としている女性は圧倒的に美しい。いろいろ言ってくる外野は無視してもいい。人生を誇る方法は人それぞれなのだ。
●SHAREVIDEOS
官能映画かと思えば、そのようなシーンは少なく有りがちな性に溺れるような描写もありません。とてもキレイな作品です。しっかりと中身が作られていますので、ぜひとも鑑賞をおすすめします。アメリカのポルノ業界は世界一で、産業としても世界一。でもそれはあくまで看板の話。実際は色々な人がいて、貧富も扱いもバラバラ。たいていはそうですが、勝ち組は一握りでしかなく、あとはもうやりがいなんて危うい言葉すら役に立たない世界で生きる。