パーソナル・ショッパー

パーソナル・ショッパー

フランスの奇才が放つ衝撃のミステリー

ファッション業界の裏側で繰り広げられる欲に堕ちていく女をサスペンスフルに描いた、クリステン・スチュワート主演の心理ミステリー。忙しいセレブのために服やアクセサリーの買い物を代行する「パーソナル・ショッパー」としてパリで働くモウリーン。私生活では数カ月前に双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れない一方で、仕事で鍵を預かり他人の家に出入りし、時にはプライベートをものぞき見ることに、欲望をしだいにふくらませていた。そんな彼女の隠された欲望が不可解な出来事を引き寄せ、彼女に謎のメールが届き始める。

原題:Personal Shopper / 製作:フランス(2016年) / 日本公開日:2017年5月12日 / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

【無料動画】

『パーソナル・ショッパー』予告編

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

独特のタッチで描かれるサスペンスは監督の個性がでる魅力的な作品ばかりです。そんな個性的な映画を楽しむときは、動画配信サービスを駆使すればお得に見れます。ネット配信なので、探しにくいマイナー作品でも見つけるのは難しくありません。検索機能も充実しています。また、スマホでも視聴できますし、タブレット、パソコン、テレビなど自由に鑑賞できるので、ユーザーの好みに合わせて視聴スタイルを変更できるので便利です。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「パーソナル・ショッパー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『パーソナル・ショッパー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:オリビエ・アサイヤス(関連作品:『アクトレス 女たちの舞台』)
脚本:オリビエ・アサイヤス
撮影:ヨリック・ル・ソー

★【キャスト】
クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガー、シグリッド・ブアジズ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ノラ・フォン・バルトシュテッテン、バンジャマン・ビオレ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.2/1079%77
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.0/5.02.91/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で監督賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画フリー  
アイデンティティが心許ない役がハマり過ぎのクリステン・スチュワート。彼女が織りなす現実の境界を越えて一種の不確かな世界へ踏み入れてしまった物語。最初は普通のサスペンスと思っていましたが、話が全く違う方向に転がっていくので唖然としてしまいました。想像する事を放棄してしまった者たちへのアンチテーゼなのか、いろいろと解釈が委ねられる映画に脳みそがフル回転しました。もちろんファッションに注目しても面白いです。
●STREAMANGO  
おびただしい数のクエスチョンマークを抱えながらの鑑賞になってしまった。解説が欲しいくらいだ。当初の想像とは異なるストーリーテリングにびっくりしたし、これは女優目当てで見ると困惑するタイプかもしれない。オカルトとミステリーの要素を含み、この落としどころはありなのかとも思うが、ヨーロッパ映画らしい着地ですね。自分が霊的な感性ゼロだからというのは関係なしに、自分の知らない世界があることにゾッとするときもありますね。