キングス・オブ・サマー

ジョーダン・ボート=ロバーツ監督の長編デビュー作

2013年度サンダンス映画祭のコンペティション部門でプレミア上映されて高評価を受けた、夏休みの思い出に森に家を建てて暮そうと計画する3人の高校生を描いた青春ドラマ。『キングコング 髑髏島の巨神』のジョーダン・ボート=ロバーツ監督の長編デビュー作。高校生のジョーとパトリックは、それぞれ親に対する不満から家出を計画し、一風変わった少年ビアジオとともに森に隠れ家を作って自立した生活を始める。しかしそこへ、ジョーが思いを寄せるクラスメイトの少女ケリーがやってきたことから、少年たちの友情に亀裂が生じ…。

原題:The Kings of Summer / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2017年8月19日 / タイム:96分 / プロダクション:Low Spark Films / 配給:

The Kings of Summer(キングス・オブ・サマー)Official Trailer【日本語字幕つき】

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

▼『キングス・オブ・サマー』の無料動画は見れる?▼

青春の1ページを切り取ったようなジュブナイルの匂いが満載の作品は誰が観ても独自の人生経験を刺激するものがあります。そんなドラマを観たいときは、動画配信サービスがオススメです。レンタル店でDVDを借りるのはいろいろと面倒なことも多いです。とくに忙しい現代人には店に通うのは大変なことも多いです。そこでこのサービスであれば、わざわざ店舗にいかずともウェブサイトにアクセスするだけで視聴を開始できるので身近になります。

しかも、希望のコースがここに。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「キングス・オブ・サマー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『キングス・オブ・サマー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『キングス・オブ・サマー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ(関連作品:『キングコング 髑髏島の巨神』)
脚本:クリス・ギャレッタ
撮影:ロス・リエージュ
音楽:ライアン・ミラー

★俳優
ニック・ロビンソン、ガブリエル・ボッソ、モイセス・アリアス、ニック・オファーマン、メーガン・ムラーリー、メアリー・リン・ライスカブ、エリン・モリアーティ

★『キングス・オブ・サマー』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.2 75% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 4.0
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『キングス・オブ・サマー』の反応

●無料ホームシアター 
この映画にはティーンの全てが詰まっています。それはエモい心の叫び、うぬぼれた自尊心、初々しい未来への夢、あらゆる相反する要素の詰め合わせであり、私たち大人が箱にしまってどこかほこりをかぶった場所に閉まってしまったもの。いつまでも、子どもやティーンのままではいられないかもしれないけど、心の中ではあの頃の気持ちや想像力を持ったままでいたいと強く思わせる、青臭い感情の香りを久しぶりに嗅いだ気がする。
●OPENLOAD 
共感できるなんてものじゃない。これは私だ。反抗精神というか。早く大人になりたいみたいな、この気持ち。なんだか心が懐かしい。冒頭の太鼓のリズムで、夏の始まりを感じる。夏というのは思春期にとって大事な時期。これは日本んもアメリカも同じなんだな。不器用な父と息子は互いに少し理解し合い、恋愛と友情の狭間で揺れ、初めて自分と違う人を受け入れ、夏の体験はどれだけアメリカのティーンに大切かもわかって、シンクロできたと思う。
●STREAMIN 
青春が蘇る! 自分の経験の延長線上にあるわけではない、ましてやアメリカの青春映画にこれほど心揺さぶられるとは思わなかった。それは彼らの経験に対する羨望とか嫉妬といった部外者による感情では決してなくて、ちゃんと共感であり、つまりはそういう作品に仕上がっていたということで凄いことなんだと思います。最後の別れるシーンなんか最高に青春で、脳裏から離れない。エンドロールの後まで、ごゆっくり視聴することをおすすめします。