現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

愛についてのキンゼイ・レポート

性に迫った研究者の知られざるドラマ

実在したキンゼイ博士と妻クララの絆を描く人間ドラマ。1948年、セックスについての統計をまとめた「キンゼイ・レポート」を出版して全米にセンセーションを巻き起こしたインディアナ大学の助教授キンゼイ博士。著作はベストセラーになるが、キンゼイには苦難の日々が待っていた。

原題:Kinsey / 製作:アメリカ(2004年) / 日本公開日:2005年8月27日 / タイム:118分 / プロダクション:American Zoetrope / 配給:松竹

Kinsey (2004) - Movie Trailer

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『愛についてのキンゼイ・レポート』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

知られざる事実に気づいてその情報や発見を世界に広げていった人物に焦点をあてた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。ネット配信はメリットも多く、便利。どうしてもレンタル店でDVDを借りることは先に考えがちですが、まずはパッケージディスクを手にしてしまったなんてことの前に、ウェブサイトにアクセスして確認すべきです。

お金の心配はそこまで必要はないです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「愛についてのキンゼイ・レポート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「愛についてのキンゼイ・レポート」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、容易に推測不可能なパスワードの設定(住所や誕生日などはなおさらアウト)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「愛についてのキンゼイ・レポート」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『愛についてのキンゼイ・レポート』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『愛についてのキンゼイ・レポート』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ビル・コンドン(関連作品:『ゴッド・アンド・モンスター』)
脚本:ビル・コンドン
撮影:フレデリック・エルムス
音楽:カーター・バーウェル

★俳優
リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン、ジョン・リスゴー、ティム・カリー、オリバー・プラット、ディラン・ベイカー、リン・レッドグレーヴ、ジュリアンヌ・ニコルソン、ウィリアム・サドラー、ジョン・マクマーティン、ヴェロニカ・カートライト、ウィル・デントン、ヘザー・ゴールデンハーシュ、ダグマーラ・ドミンスク、ベンジャミン・ウォーカー

★『愛についてのキンゼイ・レポート』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.1 90% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.1 ??? 3.2
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『愛についてのキンゼイ・レポート』の受賞
第77回アカデミー賞で助演女優賞にノミネート。

★『愛についてのキンゼイ・レポート』の反応

●Mコメンテーター
性生活に関する研究書キンゼイレポートをまとめた人物。その行為は他者から見れば変わり者かもしれない。往々にして研究者は変わったことをするのが仕事で、それ自体は自己満足かもしれない。社会にインパクトを与えようなんて思っていないのかもしれない。しかし、それが世界で迷える少数の心を救うのなら、たとえ偶然でも、正義という意図がなくとも、それはたたえるべきことではないか。社会は何がきっかけで動き出すかわからないのだから。
●Bジャーナリスト 
アメリカ国民の性意識に関する調査報告をおこなった動物学の教授が、「性の解放」の担い手としてある側面では脚光を浴びる一方で、「性の暴走」を助長する人物として別の方向からは危惧されるようになってしまうというジレンマ。あくまで科学的に調査しているだけなのだから、反論は科学で行うべきだが、大衆はそんなことは気にしない。宗教的道徳観がまかり通っていたゆえに、反逆者扱いされるのは可哀想だ。ガリレオもこんな気持ちなのか。
●STREAMANGO 
1万8000人から性について聞きだしたキンゼイ先生の科学者としての情熱に圧倒されたが、実際はその調査手法にいろいろと問題点が指摘されている。その詳細は知りたければネットでチェックすればいいのでぜひ。研究のために奥さんを寝取らせたり、男を試してみたり、正直「こいつアホか」と思ってしまったが、その極端な情熱が前代未聞のことを成し遂げるには必要なのだろうか。私にはとてもマネできないが、とりあえず凄い人だとは思う。