マジシャンズ シーズン1

魔法が運命を導く

レヴ・グロスマンのベストセラー小説を基に、非常に知的だが社会的には引きこもった状態の20代の青年主人公、クエンティン・コールドウォーターを描く。クエンティンは密かに、幼少期に読んだフィロリーという魔法の地を巡る一連のファンタジー小説に夢中になっている。それ以外では、彼の日々は全く退屈なものだったが、ある時アップステート・ニューヨークにある極秘で閉鎖的な魔法のためのブレイクビルズ大学に入学を許可され、現代における魔法の実践について徹底した厳しい教育を受けることになる。しかし、魔法は彼が想像していたような幸せや冒険、そして意義を彼にもたらしはしない。彼が友人たちと一緒にフィロリーが実在することを発見するまでは。

放映・配信:2015年12月16日(オリジナル)

第1話 運命の出会い "Unauthorized Magic"
ひきこもりがちな青年クエンティンとその幼なじみジュリアは、彼らが愛読した幻想小説「フィロリーとその先」の舞台フィロリーにたどり着く。それから彼らは魔法使いを育成するブレイクビルズ大学院の入試を受け、クエンティンは合格するがジュリアは不合格。寮で暮らし始めたクエンティンは突然、得体の知れない悪の魔法使い“ビースト”と遭遇する。一方、落胆したジュリアはある男に誘われ、謎の組織“ヘッジ・ウィッチ”の一員となる。

第2話 魔法の起源 "The Source of Magic"
クエンティンと仲間たちは、自分たちが死者を呼び出したせいで“ビースト”が出現したとバレて退学になることを恐れるが、ある仲間の密告でクエンティンだけが退学処分を受けることに。さらにクエンティンは“スペシャリスト”によって、大学院や魔法に関する記憶をすべて消されそうになる。ジュリアは“ヘッジ・ウィッチ”のアジトに行くが、同じ新人だというマリナと一緒に冷凍庫に閉じ込められ、そこで動く遺体に襲われる。

第3話 先進魔術の影響 "Consequences of Advanced Spellcasting"
アリスは5年前に亡くなった兄チャーリーの霊を呼び出すことをあきらめられないでいた。そんな中、ヴァン・ペルト噴水で学生が襲われる事件が起き、クエンティンとアリスはチャーリーのしわざではないかと疑う。やがてアリスは兄の死について新事実を知りショックを受ける。一方、盗まれた本を取り返すためNYにやって来たクエンティンとエリオットは、“ヘッジ・ウィッチ”が魔法を特訓している場所でジュリアと再会する。

第4話 壁の中の世界 "The World in the Walls"
ある朝起きたクエンティンは、自分が精神科病院に入院していたので困惑する。病院にはアリスなどの仲間たち、学生部長もいるが、どうやらいつもと様子が異なる。クエンティンは、ひょっとしたらブレイクビル大学院や魔法使いはどれも自分の幻想で、自分がまだ病気なのではないかと疑い出すが、何者かに魔法をかけられた可能性もあり、ルームメイトのペニーに協力してもらおうと、ある奇策を思いついてペニーを呼び出すことに…。

第5話 人間関係の修復 "Mendings, Major and Minor"
ブレイクビルズから記憶の箱を盗んだ“ヘッジ・ウィッチ”のマリナは絶大な魔力を得た上、自分を裏切ったジュリアを“ヘッジ・ウィッチ”のアジトから締め出す。一方、クエンティンのもとに父親が病で倒れたという連絡が。父親を訪ねたクエンティンは父親が脳腫瘍を発症したことを知り、魔法で治せないかと悩む。自分が他の世界に行ける“トラベラー”だと知ったペニーは幽体離脱をし、頭の中で聞こえる女性の声の主のもとに向かう。

第6話 実現困難な課題 "Impractical Applications"
クエンティンはペニーがフィロリーに行き、“ビースト”がフィロリーから来たかもしれないと知り、フィロリーが夢の世界ではないと考え出す。ジュリアは以前マリナの仲間だったハナという女性と出会うが、彼女はブレイクビルズの院生で“ヘッジ・ウィッチ”に協力するケイディの母親だった。一方、ブレイクビルズでは上級生が1年生に3つの課題を出し、1つでもクリアできないと退学させられる試験“トライアル”が開かれる。

第7話 マヤコフスキー教授 "The Mayakovsky Circumstance"
クエンティン、アリス、ペニー、ケイディは鳥に姿を変えて南極大陸に飛び、マヤコフスキー教授の型破りな授業を受けることに。ペニーを“トラベラー”だと見破った教授はペニーに特訓を受けさせるが、ペニーは死にかけてしまう。またペニーはケイディの心を読み、彼女が隠してきた秘密を知ってしまう。さらに教授は、クエンティンとアリスを裸にして雪の中に放り出してしまう。エリオットは図書室で知り合ったマイクと親しくなる。

第8話 呪いのかかったナイフ "The Strangled Heart"
クエンティンはアリスから、南極での経験は無かったことにし、しばらく距離を置こうと提案される。ジュリアは魔法と決別しようと更生施設に入所するが、そこで牧師のリチャードと出会う。実は彼もブレイクビルズを卒業した魔法使いで、ジュリアに不思議な体験をさせる。同じ頃、エリオットはすっかりマイクに心を奪われていたが、突然マイクがエリオットを襲い、ブレイクビルズ中が大騒ぎに。マイクは“ビースト”に操られていた。

第9話 フィロリーの生誕地 "The Writing Room"
クエンティンは「フィロリーとその先」第6巻を失くしたことを悔やんでいたが、本はペニーに盗まれ、ゴミ箱に捨てられてしまっていた。ペニーによれば著者はクリストファー・プロバーではなくジェーン・チャットウィンで、これまでのフィロリーの話は嘘だとされていた。クエンティンは英国にあるプロバーの屋敷に行こうと決心し、アリス、ペニー、エリオットもついて行く。一行は現地で意外な事実を知るなど、驚くべき体験をする。

第10話 帰郷 "Homecoming"
クエンティンたちは、プロパー邸の地下牢でフィロリーへの扉を開ける鍵であるボタンを手に入れる。ところが帰国後、ボタンに触れたペニーは噴水だらけの謎の土地にトラベルしてしまう。そこはナイザーランドと呼ばれ、ある世界と別の世界を繋ぐ中継点だった。そこで出会った女性イブに襲われたペニーは幽体離脱し、クエンティンの心に飛んで助けを求める。その頃ブレイクビルズの面々も、それぞれ困難な状況に追い込まれていた。

第11話 救済のための戦闘魔術 "Remedial Battle Magic"
ナイザーランドからペニーが持ち帰った資料によれば、“ビースト”を殺せる“リオ・ブレード”というナイフがあるという。ところが“リオ・ブレード”は行方不明になっていた。クエンティンは“リオ・ブレード”を捜し出すためフィロリーに行こうと意気込むが、ナイザーランドにはビーストの手下がいて殺される可能性が高く、仲間たちと意見が対立してしまう。そこで一同は“戦闘魔術”を会得せんと訓練に取り組むが、意外な事態に…。

第12話 40回目の人生 "Thirty-Nine Graves"
ナイザーランドへ向かったクエンティンたちは、そこでイブと手下たちに見つかり、クエンティンだけが地球に生還する一方、仲間たちは“図書館”に逃げ込む。地球で学生部長と再会したクエンティンは、自分が既に39回も死んでいて、次の“ビースト”との戦いが“ビースト”を倒すためのラストチャンスだと知らされる。その後クエンティンはジュリアと再会して和解した後、ジェーンを待ち伏せすべく1942年へタイムトラベルする。

第13話 フィロリーへの旅 "Have You Brought Me Little Cakes"
クエンティンは自分で「フィロリーとその先」の最終章を執筆し始める。フィロリーを生んだ“神”の1人、エンバーに会おうと1942年のフィロリーに来たクエンティンとジュリアは、チャットウィン家のある人物が黒幕だったことを知る。そしてジュリアの記憶が一部修正され、塗り替えられていることも明らかに。クエンティンとジュリアは現代のフィロリーで“リオ・ブレード”を使い、黒幕にとどめを刺そうとするが…。物語は衝撃のクライマックスへ!

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
製作総指揮:セラ・ギャンブル

★【キャスト】
ジェイソン・ラルフ、ステラ・マエブ、オリビア・テイラー・ダドリー、ハイル・アップルマン、アルジュン・グプタ、サマー・ビシル、リック・ワーシー、ジェイド・テイラー

★【感想・批評】

●DAILYMOTION 
「スーパーナチュラル」のスタッフが贈る、迫力あるアクションや驚異のVFXを満載した(ここ重要)、かつてない魔界ダークファンタジーがここに誕生なんていう宣伝文句を観てしまったら、期待するものじゃないですか。それは映像で見せてくれるというのは当然の予想の範囲だし、そこに何の罪もないです。ただ、予想外に大人向けなアレなシーンも多いのはなんでなんすか。そんなことを画面に向かってつぶやいていたのは私だけではないはず。
●BILIBILI 
大人版ハリーポッターというのは違うのでは? アメリカではカルト的人気なようで、どういう理由なのかな。人気俳優でも出ているのか。それともプロモーションが上手いのか。戦闘シーンはそんなに多くないけど、純粋に魔法を学んだり、魔法を通じて成長していく姿はリアル寄りになっているので、そこは希望として注目していいと思う。あとはこういうネタの企画があまりなかったのかも。右肩上がりタイプで面白くなる学園ドラマなのです。

※紹介している作品は、2017年03月16日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。