アイリス THE LAST

巨大な陰謀が映画でも巻き起こる

イ・ビョンホン主演の大ヒット韓国ドラマ「アイリス」を映画化したスパイアクションで、韓国・日本・上海・ハンガリーでの壮大な海外ロケでおくる過激なスピード・アクション。ドラマでは描かれていない“アイリス”の真実がすべて映画で明かされる衝撃的なラストシーンの意味に注目。韓国国家安全局の最精鋭特殊要員ヒョンジュンは、ハンガリーでの任務中に深い傷を負ってしまう。しかも、ヒョンジュンは助けを求めた副局長のペク・サンのいきなりの裏切りによって、親友チン・サウに命を狙われるはめになる。そのときから、ヒョンジュンはとてつもない巨大な陰謀の渦に巻き込まれていた。この窮地を脱することはできるのか…。

原題:Iris The Last / 製作:韓国(2010年) / 日本公開日:2011年1月8日 / タイム: / プロダクション: / 配給:角川映画 

映画『アイリス -THE LAST-』予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼Hulu(2週間無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『アイリス THE LAST』の無料動画は見れる?▼

ハラハラドキドキのサスペンスとアクションを一気に届けてくれる見ごたえのある作品はそれだけで楽しいものです。そんなハイクオリティな映画を楽しむなら、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信ですが、基本は2種類のタイプがあります。ひとつは、単体作品ごとにレンタルするもの。もうひとつは、月額や年額でお金を払い、対象作品が見放題になるもの。どちらのタイプなのかはサービスによって違うので確認しましょう。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用は今すぐ中止しましょう。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「アイリス THE LAST」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『アイリス THE LAST』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アイリス THE LAST』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ヤン・ユノ、キム・ギュテ
脚本:チョ・ギュウォン、チェ・ワンギュ、Kim Hyun-jun、Kim Jae-un

★俳優
イ・ビョンホン、キム・テヒ、T.O.P、キム・ソヨン

★『アイリス THE LAST』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.0
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『アイリス THE LAST』の反応

●無料ホームシアター
テレビドラマは見ていないので、超特急で進行する物語について行くだけでも大変。イ・ビョンホンとキム・テヒは韓国情報部の同僚で愛し合っていた。しかし、ブタペストでの北朝鮮重要人物の暗殺ミッションで、韓国側からも口封じのため命を狙われ、キム・テヒを目の前で殺されてしまう。復讐を誓ったビョン様は北朝鮮側に寝返り、ソウルのテロ攻撃に加担する。あとは南北入り乱れて、どっちがどっちか分からなくなるようなオセロ状態。
●Mコメンテーター
銃撃戦のロケも凄まじいが、美しいキム・テヒを見ているのが一番楽しかった。ドラマで丁寧に描かれた人物像や精神面の描写がすべて削ぎ落とされて描かれたわけではないのかな。ヒョンジュンの穏やかな表情に後悔や憎しみはなく「愛と安らぎ」が詰まっていました。盛大にやらかした映画なのかと思いましたが、まあなんてことはない、抜群のクオリティが光っていました。
●Sアナリスト 
良質のスパイアクション映画です。アクションシーンはド派手ですし、脚本も練られていて、人間ドラマも熱く、俳優の演技もさすがのもの。大きな画面で見る分迫力は増していますが、ドラマ版にあったような感動はこの作品には無かった。一応ドラマ版の謎が解明されるわけなんですが、そんなのは最終回でやるべきことでしょう。韓国も邦画みたいな引き延ばし戦略をやるのかと思うとなんだかがっかりしないでもないですが。
●Bジャーナリスト
狙撃犯のどんでん返し、ラストのキム・ヒョンジュンの恋人を見つめながら、切なさと悔しさと、そして何だか、最後を迎えてほっとしたような、様々な表情に酔いしれていました。ドラマを映画化する場合、今回のように同時進行で撮るのではなく新たなシナリオで、製作費もかけて作るべきだと思います。しかしながら、今回の「IRIS THE LAST」は、様々な要因で、それが出来なかったのでしょうね。