これが私の肉体

エリートな学生が大人の女性にハマっていく

クールな美青年と魅惑的な大人の女の不毛の愛に漂うエロティシズムを描いたエロティック・サスペンス。アントワーヌはパリの名門校に通うエリート学生。しかし、大会社を経営する父親が望むままの生き方に疑問を感じていた。そんな折、街で映画出演にスカウトされる。気難しい女性監督ルイーズのカメラテストにパスし、家を飛び出したアントワーヌはルイーズの家に転がりこむ。そこで自分が撮影の直前に自殺したルカという少年の代役だったことを知る…。

原題:CECI EST MON CORPS / 製作:フランス・ポルトガル(2001年) / 日本公開日:2010年12月(DVDスルー) / タイム:87分 / プロダクション: / 配給:オンリー・ハーツ

This Is My Body (Ceci Est Mon Corps) 2001 - Trailer

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼『これが私の肉体』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

人間の欲望をストレートに描いた生々しい感情を爆発させている刺激的な映画はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなエロティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使えないか検討してみましょう。いろいろなサービスがありますが、規制がないのはネット配信の魅力。人目を気にしなくていいのでプライベートな空間でじっくり鑑賞できます。アダルト系の動画を専門に扱っているものもあるので併用すると良いです。

しかも、ユーザーにはハッピーです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは危険性の塊です。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

見て良かったと納得な作品から二度三度と見たくなる作品までVODは鑑賞意欲を増幅。これであなたも今日から映画マニアです。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「これが私の肉体」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フリムビ2にはそんなリンクは皆無です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

配信終了日時はおおまかにわかりますので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「これが私の肉体」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、容易に推測不可能なパスワードの設定(住所や誕生日などはなおさらアウト)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「これが私の肉体」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『これが私の肉体』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『これが私の肉体』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ロドルフ・マルコーニ
脚本:ジル・トーラン、ロドルフ・マルコーニ
撮影:カルロ・バリーニ
音楽:ニコラス・ビキアロ

★俳優
ルイ・ガレル、ジェーン・バーキン、エリザベート・ドパルデュー、メラニー・ロラン、アニー・ジラルド、ディディエ・ベザシュ、エリザベス・ドパルデュー

★『これが私の肉体』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 2.5
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『これが私の肉体』の反応

●Mコメンテーター  
一番の売りは俳優の豪華さなのかな。確かに知っている人にとっては「おお、こんな人が」というメンツ。それを楽しむのも一興だし、メインとして注目されているだろうエロティシズムなシーンはフランス特有の艶めかしさがちゃんとある。それ以上に今作は大人の愛に溺れていく若き性という構図でこれまた定番の流れを組んでいるので飽きてくるかもしれない。しかし、そのフォーマットさえも味を感じるのであれば、これは何も問題はないだろう。
●Bジャーナリスト 
私の勝手な勘違いかもしれないけど、ヨーロッパ、とくにフランスは年の差を気にしない恋愛観を積極的に描く気がする。なぜだろうかと気になってみるが、確証はないものの、恋愛観の多用さは日本より上なのは間違いない。そもそも日本では若い子が性の対象として売られることはあっても、フランスのように純粋にその関係性を描くことはタブー視されている。それが一切ない、もしくは気にすることをしないフランスのスタイルは清々しいものだ。
●SHAREVIDEOS 
大人の人間が若い人に手を出すことは理解できますが、こうやって逆パターンで攻めていくってどういう心境なのでしょうか。ちょっと自分にはわからないかな。でも、この映画ではそれをとくに言い訳もなく、素直に描くので、あまり嫌な感じではありません。私の拙い解釈だとこれは青年の自分にはないものを欲する感情の矛先がたまたま性であっただけで、あくまで成長という過程におけるひとつのミラーに過ぎないというのが受け止め方でしたが…。