現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ありがとう、トニ・エルドマン

世界中の映画祭で絶賛・高評価!

正反対の性格の父娘が織り成す交流をユーモラスに描き、ドイツで大ヒットを記録したヒューマンドラマ。陽気で悪ふざけが大好きなドイツ人男性ビンフリートは、ルーマニアで暮らす娘イネスとの関係に悩んでいた。コンサルタント会社で働くイネスは、会ったとしても仕事の電話ばかりで、まともに会話もできず交流できなかった。そこでビンフリートは、ブカレストまでイネスに会いに行くことにする。イネスはビンフリートの突然の訪問に戸惑いながらも何とか数日間一緒に過ごし、ビンフリートはドイツへ帰っていった…はずだった。今度は「トニ・エルドマン」という別人のふりをしたビンフリートがイネスの前に現われて…。

原題:Toni Erdmann(「トニエルドマン」) / 製作:ドイツ・オーストリア(2016年) / 日本公開日:2017年6月24日 / タイム:162分 / プロダクション:Komplizen Film / 配給:ビターズ・エンド

【予告編】映画『ありがとう、トニ・エルドマン』

(C)Komplizen Film


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『ありがとう、トニ・エルドマン』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の人生の諸問題と向き合っていくヒューマンドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなコミカルな風刺もあるドラマチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。レンタル店でDVDを借りることは過去の手法になりつつあり、今ではネット配信がスタンダードとして定着し始めました。スマホ世代を中心に動き始めたムーブメントはすでに一般化し、さらなる拡大を見せています。

利用料は親切設計。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

見て良かったと納得な作品から二度三度と見たくなる作品までVODは鑑賞意欲を増幅。これであなたも今日から映画マニアです。一方で、VODのハードルを上昇させている難点として、複数社が乱立しているので適切なサービスを判断できないという困った状況になってチンプンカンプンになったりも。「ありがとう、トニ・エルドマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フリムビ2にはそんなリンクは皆無です。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

フリムビ2は作品リスト機能も完備。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「ありがとう、トニ・エルドマン」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「ありがとう、トニ・エルドマン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『ありがとう、トニ・エルドマン』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ありがとう、トニ・エルドマン』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:マーレン・アーデ(関連作品:『恋愛社会学のススメ』)
脚本:マーレン・アーデ
撮影:パトリック・エッジワース

★俳優(キャラクター)
ペーター・シモニスチェク(ヴィンフリート/トニ・エルドマン)、サンドラ・フラー(イネス)、ミヒャエル・ビッテンボルン(ヘンネベルク)、トーマス・ロイブル(ゲラルト)、トリスタン・ピュッター(ティム)、ハデビック・ミニス(タチアナ)、ルーシー・ラッセル(ステフ)、イングリッド・ビス(アンカ)、ブラド・イバノフ(イリエスク)、ビクトリア・コチアシュ(フラヴィア)

★『ありがとう、トニ・エルドマン』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.5 93% 93
映画.com Yahoo! Fm
3.5 3.64 3.8
フリムビ2推奨度
S(最高)

★『ありがとう、トニ・エルドマン』の受賞
第69回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。
第89回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート。

★『ありがとう、トニ・エルドマン』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●Cレポーター  
忘れられない映画体験というのがあるとしたら、本作は内容だけでいえばまさしく該当する。明らかに生理的に受け入れられないタイプのトニ・エルドマンを観ていて嫌な気持ちにならないのはきっと、彼の行動がひとつの気持ちに一貫されていたからだと思う。それはやりすぎた過激さかもしれないが、気持ちは純粋だ。独特のユーモアが時にイタすぎて、それが逆に目が離せず、長い映画時間も全く気にならない強烈なインパクトを放っているのだった。
●SPACEMOV 
これは何の映画だろうかという疑問が最初は頭にあったのですが、それは正解です。そういう謎のまま鑑賞を始めるので良いのです。なぜなら登場人物自体もさっぱり状況を理解できず困惑するだけなのですから。その最たる原因は父親の行動が破天荒すぎること。でも最後は理解できるから不思議。人間性を取り戻せ、本来の自分を取り戻せとばかりにくだらない行動を連発する父親の姿は笑えつつ、ひきつつだけどちょっと心に響くものがあったりします。
●STREAMIN 
162分と長いのに、いっきに見てしまう凄い映画。女性が外国でキャリアウーマンとしてバリバリ働くのはやはり大変。そんな苦難も多いなか、約束もなしに突然遊びに来ちゃった変装好きなお父さん。娘にしたら生活のリズムが崩れ色んなところで歯車が狂い出す。まさに火に油。それが娘への愛でも。けれど、ウザったい時もあるけど、よく理解してくれてるのはやっぱり親なんだよね。そんな愛情を再確認できる良い映画なのでおすすめです。