WE ARE X

ロックバンド「X JAPAN」の軌跡を追ったドキュメンタリー

ロックバンド「X JAPAN」の軌跡を追ったアメリカ製ドキュメンタリー。1982年に高校生だったYOSHIKIとToshiによって結成され、日本のみならず世界にまで活動の場を広げていった「X JAPAN」。97年に解散し、2007年に再結成をした同バンドの歩んできた道のりは、メンバーの脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、ToshIの洗脳疑惑騒動など、過酷な現実の連続でもあった。14年10月に開催されたマディソン・スクエア・ガーデン公演の舞台裏を追いながら、彼らの軌跡を追っていく。

原題:We are X / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年3月3日 / タイム:96分 / プロダクション: / 配給:東宝映像事業部

映画『WE ARE X』日本版予告編

(C)2016 PASSION PICTURES LTD.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『WE ARE X』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

世界中で愛されている人間の真の姿をカメラにおさめたファンでなくとも必見のドキュメンタリー作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなポピュラーなドキュメント作品をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。普段はなかなか観ないという人も多いと思いますが、実はさまざまなジャンル題材のものが揃っており、必ずあなたの興味の持つものが見つかるほど充実しています。一度は試してみる価値ありです。

お金の心配はそこまで必要はないです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「WE ARE X」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フリムビ2にはそんなリンクは皆無です。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

フリムビ2は作品リスト機能も完備。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「WE ARE X」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「WE ARE X」合法視聴方法を拡散しましょう。

『WE ARE X』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『WE ARE X』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:スティーブン・キジャク(関連作品:『JACO』)
撮影:ショーン・カービー
音楽:YOSHIKI

★俳優
YOSHIKI、ToshI、PATA、HEATH、SUGIZO、TAIJI、HIDE、ジーン・シモンズ

★『WE ARE X』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.7 80% ??
映画.com Yahoo! Fm
4.1 ??? 4.0
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『WE ARE X』の反応

●Mコメンテーター 
ファン必見の一作。マディソンスクエアガーデンでの公演と過去から現在へのXの回想が交差しつつ、様々な人へのインタビューからXの軌跡が語られるという構成。もちろん一時間半でXの全てを網羅して語り尽くせるわけがないが、YOSHIKIという人間、またXというバンドを語る上で大事な出来事を厳選し、丁寧にエモーショナルに描いているので好感が持てる。歴史を知るならWikipediaでもいい、でも感情が伝わるのはこの作品だけだ。
●SPACEMOV  
LUNA SEAやDIR EN GREYのファンなので、彼らのデビューの礎を作ってくれたXの存在はとてつもなく大きい。この作品を見てさらにその思いを増した。YOSHIKIの苦悩と覚悟、TOSHIの洗脳についてもどう思っていたのか、解散ライブでの状況など、初めて知る事も多くて食い入るように見てしまった。ギスギス感が半端なかった解散ライブ、PATAがふと発した「あれがhideとの最後のライブなんだよね」という一言と涙を流すhideの映像が切ない。
●Bジャーナリスト 
YOSHIKIは人生色々背負いすぎてる。ドラムは一種の自傷行為なのではとさえ思ったほどだ。TOSHIと話す時のYOSHIKIの飾らない話し方にほっこりしたりと、いろいろな側面を垣間見ることができた。作中でYOSHIKIが「バンドは家族」と言ってたのが印象に残った。彼らが、自分たちに起こった様々な苦難について語り、それを形にしたことで、バンドとしての絆がより深まっているといいなと切に願う。鑑賞後のカタルシス感は圧倒的だった。