グリズリーマン

グリズリーマン

クマに誰よりも近づきすぎた男、その末路

12年間にわたってアラスカでグリズリーの保護活動をしていた男、「グリズリーマン」ことティモシー・トレッドウェルの姿を描いたドキュメンタリー。本人は2003年10月5日、カトマイ国立公園でガールフレンドと共にグリズリーに襲われて死亡したが、彼の残した莫大な映像をもとに制作された。

原題:Grizzly Man / 製作:アメリカ(2005年) / 日本公開日:2005年9月(DVDスルー) / 上映時間:103分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

1. バナー表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普段であれば絶対に目にすることはない残酷な現実。それを映像で直視させるドキュメンタリー系作品をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスは素晴らしい味方になってくれます。そんなセンセーショナルな作品が充実の勢揃いをしているこのサービスは気軽に視聴可能。まずレンタル店でDVDを借りるようには見られない、取り扱いの珍しいものでもバッチリ完備。大作ばかりを見るのではなく、たまにはこうした作品に目を向けるのも良いです。

しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「グリズリーマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『グリズリーマン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
撮影:ペーター・ツァイトリンガー
音楽:リチャード・トンプソン

★【キャスト】
---

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.8/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第31回ロサンゼルス映画批評家協会賞でドキュメンタリー映画賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
長年クマの保護活動をしていたティモシートレッドウェルのドキュメンタリー。グリズリーに襲われて亡くなるまでのたくさんの映像が集められているが、ただの映像集ではない。ティモシーは動物に対して何度も「I love you」と口にする。もちろん、グリズリーに対してまでも。しかし、それは彼の一方的な片思いだったのか。最後は無残な死が待っていた。これは野生の恐怖をあらためて教えてくれる、とてつもない映像なのは間違いない。
●映画フリー 
動物が大好きでひたすら「愛情を示すことが正しい!」みたいな人はいる。自然保護でさえもその感情ありきで推し進めることはよくある。しかし、それはあくまで人間側の自己満足でしかない。結局、動物側が何を思っているのか、考えているのかはわからない。人間と野生動物には越えられない壁があるのだ。それを理解していない人には、ぜひこのドキュメンタリーを見せることをおすすめする。クマのことをわかったような気になってはいけない。
●OPENLOAD  
有名なシーンといえばこれ。トレッドウェルが熊に襲われた時も、ハンディカメラはキャップがついたまま作動していたので、熊に食われていくその過程がリアルタイムに音声記録として残されたというもの。といっても、このドキュメンタリーではそれは示されないので、内容は不明なのだが。ちなみに、ネットに出回っているのはフェイクだと思われるので、注意だ。クマを愛した男がクマに殺されるという印象的な結末は私たちに何かを示すのか。
●海外コメント 
ドイツの狂人の魔術師ヴェルナー・ヘルツォークによって書かれ、監督され、ナレーションされたもので、見る価値がないものはほとんどなく、最も魅力的で魅力的で面白いドキュメンタリー映画を収めています。主題はティモシー・トレッドウェルという環境学者で、グリズリー・クマのアラスカ野生動物保護でここまで有名人になった人は誰もいません。トレッドウェルは、共存する人々の間で死のような運命が来ると全然信じていない。