シャーク・ウィーク

シャーク・ウィーク

殺人ゲームのアイテムは獰猛なサメたち

様々な種類のサメの群れを利用した戦慄の殺人ゲームを描くパニック・シチュエーション・スリラー。突然拉致され、謎の孤島に連れてこられた8人の男女。狂気の復讐計画を仕掛けたのは、タイブロンという男。8人の共通点は、タイブロンの息子の死に関係していたことだった。そして、混乱も消えないなかで死のゲームはスタート。地下洞窟に追い込まれた彼らを待ちうけていたのは、イタチザメ、シュモクザメ、ホオジロザメなど様々な種類の、多種多様な凶暴なサメの群れ。タイブロンのトラップにはまり、次々とサメの餌にされてゆくメンバーたち。最期まで生き残るのは誰なのか。そしてこの島を脱出する方法はあるのか。

原題:Shark Week / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年4月(DVDスルー) / 上映時間:90分 / 製作会社:The Asylum / 配給:アルバトロスフィルム

★【スタッフ】
監督:クリストファー・レイ
脚本:リズ・アダムス、H・ペリー・ホートン
撮影:ペジャ・ラデンコビック
音楽:クリス・リーデンハウアー

★【キャスト】
ヤンシー・バトラー、パトリック・バーギン、ジョシュ・アレン、エリン・クッカー、バート・バゲット

【無料動画】

シャーク・ウィーク

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日) 
多くの人は知っていることだと思いますが、サメというのは1種類ではありません。みんな大好きジョーズのホホジロザメ以外にもアオザメやメジロザメ、シュモクザメなど人を襲うサメはたくさんです。では、そのサメが全部襲ってきたら面白いじゃないかというのがこの作品のコンセプト。確かにユニークで、上手く映像化すれば絶対に盛り上がること間違いなし。しかし、現実は甘くない。なぜならそれは普通に考えてお金がかかることだから。
DAILYMOTION (2016年2月11日) 
これは映画界では斬新すぎますよ。だって真っ暗だよ。何も見えないよ。画面が黒一色で声だけ聞こえてくるって、そんなバラエティ番組があったよね…。そんなことは置いといて、このサメ映画ですよ。タイトルは「シャーク・ウィーク」ではなくて、「ブラック・シャーク」とかにすべきです。それくらい何も見えないです。せっかくいろいろな種類のサメが登場するというアイディアがあるのに、なぜこうも全力で企画潰しをしているのかな…。
STREAMANGO (2016年3月13日) 
突如拉致され集められた8人が謎の孤島でサメと戦うデスゲームをするお話。「サメは海のゴミ箱」「サメは純粋、神様」というサメを崇拝しているのか、バカにしているのかわからないノリに、この映画を制作した人たちはアルコールかドラッグをしながら映画作りをしていたのではないかと疑いたくなるレベル。サメの死体まで何故かCGで、持ち上げた手とサメが合ってないのは、どういうことなのでしょうか。技術がないのか、それとも目が視えないの?