現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

美しい星(2017)

地球人の皆さん、この星は危機にあります!

三島由紀夫の異色SF小説を映画化。平凡な家族が突如として「宇宙人」に覚醒する姿を、舞台を現代に置き換えた大胆な脚色で描く。予報が当たらないことで有名なお天気キャスター・大杉重一郎は、妻や2人の子どもたちとそれなりの暮らしを送っていた。そんなある日、重一郎は空飛ぶ円盤に遭遇したことをきっかけに、自分は地球を救うためにやって来た火星人であることを確信。さらに息子の一雄が水星人、娘の暁子が金星人として次々と覚醒し、それぞれの方法で世界を救うべく奔走するが…。

原題:美しい星 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年5月26日 / タイム:127分 / プロダクション: / 配給:ギャガ

「美しい星」特報

(C)2017「美しい星」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『美しい星』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

ユニークすぎる設定で観客を刺激するエキセントリックな作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなユーモア溢れる映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く駆使しましょう。最近では家にパソコンやテレビはないという家庭も増えてきました。スマホだけで事足りる時代です。そんな新しい常識にも対応しているのが、ネット配信の強み。お手持ちのAndroidやiPhoneを使って好きなタイミングで自由自在に鑑賞できます。

利用料は親切設計。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「美しい星」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『美しい星』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『美しい星』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:吉田大八(関連作品:『紙の月』)
脚本:吉田大八、甲斐聖太郎
撮影:近藤龍人
音楽:渡邊琢磨

★俳優
リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、羽場裕一、春田純一、友利恵、若葉竜也、坂口辰平

★『美しい星』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.3 ??? 3.5
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『美しい星』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地
さまざまなメタファーが組み込まれた一作。冒頭からして宇宙との交信をイメージさせるような、シャンデリアを見上げるシーン。車のライトと思わせておいての異常現象体験はまさに「未知との遭遇」。SFファンは手を叩いて喜びそうなシーンのオンパレードでした。味となる奇抜な行動もナイス。時間が経つにつれリリーフランキーの火星人ポーズを待ち望んでる自分がいてホントに楽しかった。やってくれるたびに楽しいし、これは視聴率とれますよ!
●Cレポーター  
ラストシーンの解釈は何だったのか?と疑問に思う人が多いらしいですけど、割とシンプルな暗喩でしたよね。末期がんに侵された父が宇宙から地球を見ている。まさに昇天です。死とは別の世界に行くことであり、他ならぬ異界との交信なのであり、彼は新しいステージへ旅立ったのです。最終的にリリー・フランキーが一番輝いていた気もしますが、このラストのためならしかたがないかな。もちろん、他の役者の異星人&地球人も良かったです。
●OPENLOAD 
平凡に暮らしていたお天気キャスターの父、専業主婦、フリーターの長男、大学生の長女。UFOを見たことをきっかけに火星人に覚醒した父。そして水星人の長男、金星人の長女と言い始め…。不思議な設定でとっつきにくいように思えるが、音楽と映像のテンポがすごく良くて見やすいので心配いらない。三島由紀夫の異色のSF小説の映画化で、設定を現代風にアレンジし、リリーフランキーや橋本愛などのキャストが怪しい演技で世界観を盛り上げています。
●Sアナリスト  
文学作品にエンタメ要素を十分に加えて映像化。流石は名匠吉田大八監督、唸らされます。様々なテーマがコミカルにシリアスに雪崩のように交錯して押し寄せる。音楽やビジュアル表現も合わさるから一筋縄では済まない。ストーリーも安直な人間賛歌でもない、シニカル過ぎない視点の絶妙な脚本と演出のバランスも心地良い。静かで美しい大団円に映像劇の美しさも詰まっておりました。観終われば、凄い映画を観たなという満腹感に襲われるのでした。