現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが欠落しています。2019年8月1日にサイトリニューアル予定です。

エイリアン(1作目)

それは人類はまだ知らない恐怖の生命

リドリー・スコット監督が手がけた、未知の生命体の恐怖を描いたSFホラー。製作はゴードン・キャロル、デビッド・ガイラー、ウォルター・ヒル。宇宙船ノストロモ号の乗組員はある惑星で異星人の宇宙船を調査する。だがその時、卵の中の生き物が乗組員に寄生。やがてそれは腹を食い破り、ノストロモ号内に潜伏する。その後、宇宙生物は人間をひとりずつ抹殺。生き残った航海士リプリーはたった独りで戦いを繰り広げる。

原題:Alien / 製作:アメリカ(1979年) / 日本公開日:1979年7月21日 / タイム:116分 / プロダクション:Brandywine-Ronald Shushett Productions / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1100万ドル / 興行収入: / 次作:『エイリアン2』

(C)1979 Twentieth Century Fox Film Corporation. (C)2003 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『エイリアン』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

屈指の名作として映画史に語り継がれているレジェンド級の作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなエネルギッシュな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスを有効に駆使しましょう。シリーズ系のものにも最適で、ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるように店を探しまわる必要もなく、一気見することもできます。どうしてもストーリーを振り返りたいときもありますが、そんなときこそ手を出して見るのもオススメです。

しかも、スタートはラクチン。「まさかの一定期間は無料で使えるとは!」そうこの事実を知らないと損をするだけ。知っていれば上手く活用できます。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。「結構不満の多い動画サイトもある」そういう悩みを抱える無料ホームシアター関連ユーザーはいるはず。「まず絶対にこれはハズレのないものがいい」という慎重派にも強くVODは推奨できます。

VODの利便性はすぐに飛びつきたくなります。「いつも配信タイミングを見逃してしまうのだよな~」そんなモヤモヤも致し方ありません。「エイリアン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信可能性の高いVODを整理して「これがオススメ!」と紹介しています。「情報は古いままでは?」そのようなことはなく更新を心がけています。「どうせチャンスはいくらでもあるから今はいいや」そんなことを言っていると配信タイミングを逃します。

『エイリアン』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『エイリアン』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:リドリー・スコット(関連作品:『デュエリスト 決闘者』)
脚本:ダン・オバノン
撮影:デレク・バンリント
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

★俳優(キャラクター)
シガーニー・ウィーバー(エレン・リプリー)、ベロニカ・カートライト(ジョーン・ランバート)、トム・スケリット(アーサー・ダラス)、イアン・ホルム(アッシュ)、ハリー・ディーン・スタントン(サミュエル・ブレット)、ヤフェット・コットー(デニス・パーカー)

★『エイリアン』のREVIEW

IMDb RT Mt
8.5 97% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.9 ??? 3.8
フリムビ2推奨度
S(最高)

★『エイリアン』の受賞
第52回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。

★『エイリアン』の反応

●映画の無料動画で夢心地 
「ヤバそうな知的地球外生物」と名称となってしまうほど世界的知名度を獲得した「エイリアン」。でもその名作を観ている人は案外いないかもしれません。きっと昔の映画だから映像が雑だと思っているのなら、それは違うといっておきましょう。エイリアンの表現なんて普通に今でもビビる怖さ。よくCGなしでこんな恐ろしいものを作れるなと驚愕です。密室でこんなおぞましいものには絶対に襲われたくないです。完全に発想の勝利じゃないでしょうか。
●Bジャーナリスト 
単なるモンスターパニックだと思わせておきながら、実が奥が深い作品。胎内を思わせる不気味な原初的世界観、機械的であり生物的な抽象的なクリーチャー。男性シンボルを思わせる孵化前のエイリアン。フェミニズムの勝利を暗に示すエンディングと様々な考察がなされていることも名作たる所以です。公開当時の社会情勢など、いろいろな視点で見れば、さらなる発見もあります。一度鑑賞した人でもまたさらなる意外な驚きのある映画でしょう。
●STREAMANGO  
続編を連発したことで何やらなんだかわからないことになっているこのシリーズ。少なくともナンバリング系は、ジャンル的なエンタメ作品、「プロメテウス」以降の「コヴェナント」などはリドリー・スコットの超哲学作品群、そう思っておけばいいのかな。その全ての原点となっているこの第1作。制作の歴史を観ていくとかなりさまざまなクリエーターの想いが詰まった一作だったことがわかります。奇跡的な巡り合わせで生まれた怪物映画なのです。