夜に生きる

夜に生きる

ベン・アフレック監督&主演のマフィア・ドラマ

禁酒法時代のボストンを舞台に警察一家の父親とその息子たちを巡る激動の一大サーガを綴った人気ミステリー作家デニス・ルヘインの傑作三部作の一編をベン・アフレックが監督・脚本・主演を務めて映画化した犯罪ドラマ。禁酒法時代のアメリカ。ボストンで厳格な家庭のもと育てられたジョーは、警官幹部である父に反発し、ギャングの世界に足を踏み入れていく。ある日、強盗に入った賭博場でジョーはエマと出会い、やがて2人は恋に落ちる。しかし、エマは対立組織のボスの娼婦で、超えてはいけない一線を超えてしまったジョーの運命は大きく狂わされていく。

原題:Live by Night / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年5月20日 / 上映時間:129分 / 製作会社:RatPac-Dune Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:6500万ドル / 興行収入:2200万ドル

★【スタッフ】
監督:ベン・アフレック(関連作品:『アルゴ』)
脚本:ベン・アフレック
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★【キャスト】
ベン・アフレック、エル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパー、ミゲル・J・ピメンテル、マックス・カセラ、J・D・エヴァーモア、クラーク・グレッグ、アンソニー・マイケル・ホール

【無料動画】

映画『夜に生きる』本予告【HD】2017年5月20日公開
Go Behind the Scenes of Live by Night (2017)

(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2017年6月10日) 
ベン・アフレックは結構原作を読み込んだと思うし何より舞台に対する愛着もあって世界観構築は本格的。ベンアフレック演じるギャングはギャングの中でも人道的な一面もあり、どこか物足りなさを持ってしまうのは否めないが、リアルな人間心理を醸しだすうえではこれくらいの味付けのないシンプルさが良いのかもしれない。監督として「アルゴ」で評価を得たアフレックがイースウッドの到来として持ち上げられそれでも地道な作品を捨てないのがいい。
●SPACEMOV (2017年6月12日) 
物語は、強盗・禁酒法時代の酒密造・殺人などに手をそめながら、黒人女性を愛しながら生きて行く実直な男が、策略をめぐらせたり罠にかけられたり、あの手この手のサスペンスドラマを展開させて生きていくという時代性の強いクライム。1920〜30年代のクラシカルな建造物や車、服装などがとてもスタイリッシュで、美術デザインも見どころ。親子の確執、野望、恋と結構盛りだくさんで、ギャングの抗争で終わらないのが良いポイント。