セデック・バレ 第一部 太陽旗

日本占領軍vs台湾先住民族! 魂の超大作

日本統治下の台湾で起こった台湾先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を全2部作で描いた歴史大作の前編。1895年、日清戦争で清が敗れると、台湾中部の山岳地帯に暮らす狩猟民族セデック族の集落にまで日本の統治が及び、平穏な生活が破壊されていく。それから35年、父親の跡を継ぎ一族の頭目となったモーナは、村の人々とともに日々を耐え忍んで生きていたが、ひとりのセデック族が日本人警察官と衝突したことから、一族の抑え込まれていた感情が爆発する…。

原題:Warriors of the Rainbow I : Sun Flag / 製作:台湾(2011年) / 日本公開日:2013年4月20日 / タイム:143分 / プロダクション:ARS Film Production / 配給: / 次作:『セデック・バレ 第二部 虹の橋』

映画『セデック・バレ 第一部』『セデック・バレ 第二部』予告編

(C)Copyright 2011 Central Motion Picture Corporation & ARS Film Production ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『セデック・バレ 第一部 太陽旗』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

激動の世界でたくましく生き抜こうとする人間模様をダイナミックに描いた作品はそれだけの魅力があります。そんなエネルギッシュな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスを駆使しましょう。レンタル店でDVDを借りるのも簡単ですが、ネット配信はさらにイージーで楽しめます。アンケート調査によれば6人に1人が利用経験あるというデータもあり、どんどんユーザー数は増えています。まだの人も今からでも初めてみるチャンスです。

しかも、ビギナーにもラッキーです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

見て良かったと納得な作品から二度三度と見たくなる作品までVODは鑑賞意欲を増幅。これであなたも今日から映画マニアです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「セデック・バレ 第一部 太陽旗」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

配信終了日時はおおまかにわかりますので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「セデック・バレ 第一部 太陽旗」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

他サイトでは嫌な思いをすることもあります。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「セデック・バレ 第一部 太陽旗」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『セデック・バレ 第一部 太陽旗』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『セデック・バレ 第一部 太陽旗』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ウェイ・ダーション(関連作品:『海角七号 君想う、国境の南』)
アクション監督:ヤン・ギルヨン、シム・ジェウォン
撮影:チン・ディンチャン
音楽:リッキー・ホー

★俳優
リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、安藤政信、ルオ・メイリン、ダー・チン、ランディ・ウェン、木村祐一、春田純一、田中千絵、マー・ルーロン、ウー・ポンフォン

★『セデック・バレ 第一部 太陽旗』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.9 ??? 4.0
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『セデック・バレ 第一部 太陽旗』の反応

●映画の無料動画で夢心地 
凄いものを見た。圧倒的な映像とはまさにこのこと。しかもそれがノンストップで展開される。2時間30分の映画だけど体感速度は5分くらい。日清戦争の後の話で、下関条約の締結によって台湾が日本に譲渡される。で、日本軍はズカズカと侵略していって、現地のセデック族を馬車馬の如く働かせる訳です。当然セデック族の不満は、日本軍をぶっ潰すぞ!という抗争が起こるというのが第一部です。政治色は少なめでアクションメインなのでご安心を。
●Cレポーター 
アジア諸国では「抗日」という映像ジャンルが成り立っているので、どうしても日本がコテコテの悪役として描かれがちである。その点、本作の日本人の丁寧な描き方には心底驚いた。日本人にすごく気を使ってくれているというシーンも多く登場するのだ。そして「セデック族」側の文化や風習の説明もすごく丁寧にされている。野蛮人の象徴的な行為となっている「首狩り」も、この映画で考え方が変わってくる。それだけ歴史に対して誠実なのだ。
●STREAMIN  
実際に台湾で起こった抗日蜂起事件"霧社事件"の映画化。日本と台湾の間にこんな歴史があったなんて知らなかった。この事件、調べれば調べるほどおぞましい…写真もたくさん残っていてその無惨すぎる光景に衝撃を受けました。ネットで画像検索するときは覚悟が要ります。日本人が観ると気まずいのかなと思ったのですが、案外変な話ですけど、楽しめました。セデック族の死生観自体は日本人に近いせいか、さほど違和感なく感情移入できます。