ホーネット・ネスト/The Hornet's Nest

ホーネット・ネスト

これが戦争のリアルな現実

アフガニスタンでの戦闘を最前線で記録したドキュメンタリー。2001年10月から始まったアフガニスタン紛争は米国が関与した戦争のなかでも「米国史上最長の戦い」となった。従軍記者として著名なジャーナリストとその息子が、その戦いの現場を映像におさめる。

原題:The Hornet's Nest / 製作:アメリカ(2014年) / 日本未公開: / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

The Hornet's Nest Official Trailer (2014) War Documentary HD

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

戦争の現実をリアルな映像とともにおさめた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドキュメンタリー要素が満載の作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。これはネット配信であり、ウェブサイトにアクセスするだけで見れるので、ちょっとした時間の空いた隙に視聴しているというピンポイントな使い方をすれば、忙しい現代人にも無駄なく効率的に楽しめるでしょう。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「The Hornet's Nest」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『The Hornet's Nest』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:David Salzberg、Christian Tureaud

★【キャスト】
---

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
従軍記者がアフガニスタン紛争の最前線で米軍の戦いを撮影したドキュメンタリー映画。戦場映画とは比べものにならない緊張感。突然始まる銃撃戦、弾丸がかすめる音、無線で聞こえる「撃たれた!」の声、航空支援で大爆発する山肌。全部本物。負傷者をヘリで回収するほぼ女性兵士で構成された分隊がめちゃめちゃかっこいい。亡くなった仲間に最後の別れと敬意を持って見送るところとか、泣かずにいられなかった。これがリアルで起きているなんて。
●映画FUN
アメリカ側からの視点になってるけど、戦争の悲惨さ虚しさが伝わってくる、とても良質なドキュメンタリーでした。普段は報道カメラマンは立ち入らないような、すぐそばの戦争の真実。そばをかすめる銃弾。全てに油断できない緊迫した戦況。そこでもふっと巻き起こる一瞬の安らぎ。全部が色を塗ることなく、詰まっています。それをどう解釈するかはあなたしだいですが、それを全否定するような立場にはないはずです。彼らもまた仕事ですから。
●DAILYMOTION 
息を呑むような、これは可能な限りリアルな戦闘での現実の兵士の映像です。イラクとアフガニスタンで私たちの兵士が耐えてきた戦争は、情報を積んだ市民によって可能な限り理解されなければなりません。このドキュメンタリーは、あなたが見えるように、戦闘で撮影されたものとほぼ同じです。あなたの政治的な帽子を脱いで、弾丸が過去に飛んでくるのを見て聴くだけです。アメリカのすべての劇場、学校、教会、会場でこの映画を見せてください。
●VUDU
それは見られる価値があります。これはあなたの顔と個人的には近い戦争です。いや、近かったというべきかもしれません。なぜならTVなどを通して見ていたものは真実を反映していなかったからです。そこにあったのはあくまで編集された規制という名の枠に包まれた都合のいいオブラート。しかし、このドキュメンタリーにあるのはそのままの無添加な真実とまではいかないただの生身。なんだか痛々しいほどに響いてくるリアリティしかない動画です。
●FANDANGONOW
いわゆる戦場ドキュメンタリーの中ではかなりストレートな一作で、あなたが連想するイメージどおりだと思えばいい。注意点としてはとくに真新しいわけでも衝撃的なわけでもない。ただ、彼ら、つまり兵隊の日常が映し出されるだけである。そして、アメリカ万歳な映画ではないし、かといってアメリカ批判をするものでもない。要するにあるがままの映像をそのまま映し出しているだけで、それ以上のものはない。それでもそれが現実だと知るには十分。